人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2021年9月24日

慶應義塾大学、筑波大学と対戦。昨年のリベンジで開幕連勝なるか。ラグビー関東大学対抗戦

ラグビーレポート by 慶應スポーツ新聞会
  • Line

日体大戦で4トライをあげた田中(中央)

今季初の公式戦であった開幕戦の日本体育大学戦を危なげなく勝ち切り、良いスタートを切った慶應義塾大学蹴球部。第2戦となる筑波大学との試合を今週末に控える。

昨年度の対抗戦で黒星をつけられた相手に勝利を飾れば以降の試合にさらなる弾みがつくはずだ。今回のコラムでは対戦相手の筑波大学の戦力を分析しつつ、次戦の展望をお伝えしたい。

J SPORTS 放送情報

嶋崎達也氏を監督に迎えて3年。筑波ブルーを身に纏った戦士たちは新たな戦力を加え、次なる境地へ羽ばたこうとしている。昨シーズンチームを牽引した岡崎航大や仁熊秀斗ら好プレーヤーが卒業したものの、今シーズンの筑波大はルーキーが躍動し、その穴を埋める。

初戦の帝京大学戦においてSO(スタンドオフ)浅見亮太郎は1年生ながら物おじせず、キックを用いてうまく試合を運び、チャンスメイクした。ほかにも帝京大戦で低いタックルを幾度となく決めたFL(フランカー)倉井瑛志や、華麗なランと鋭く突き刺さるタックルで攻守にわたって活躍したWTB(ウイング)大畑亮太など、のびのびとしたプレーで多くのフレッシュマンが存在感を発揮した。

筑波大も守りからリズムを掴むチーム

上級生も負けてはいない。すべてのプレーにおいて抜群の安定感を誇るFB(フルバック)松永貫汰主将のほかに、ディフェンスのキーマンFL(フランカー)楢本鼓太郎やファンタジスタWTB(ウイング)植村陽彦ら能力の高い選手たちが肩を並べる。

また、慶大が練習試合で敗戦を喫した帝京大には初戦で敗れたものの、7-17と僅差に迫り、その仕上がりを見せつけた。

特に立ち上がりの勢いと帝京の猛攻を何度も防いだ、出だしの早いディフェンスには警戒を要する。前回、筑波大はキックオフ直後に電光石火でトライをとり、ゲームの主導権を握った。

J SPORTS オンデマンド番組情報

一方、慶大は前回の日本体育大学戦で立ち上がりに苦戦し、得点をなかなか重ねることができなかった。試合の立ち上がりでどちらが主導権を握れるかに試合の命運は左右されるだろう。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ