人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2021年9月22日

帝京大学、挑戦者として10度目の日本一を目指す。ラグビー関東大学対抗戦

ラグビーレポート by 帝京スポーツ新聞部
  • Line

副将の押川

大学選手権9連覇を果たした、2017年度以来の王座奪還を目指す帝京大学ラグビー部。

春季大会を全勝し好調なスタートを切った。だが、主将のPR(プロップ)細木康太郎(4年=桐蔭学園)は、「漠然とした気持ちで試合に臨んでいた」と春シーズンでは勝利したことにより、反省するタイミングが少なく、1人ひとりのスキルアップが遅くなったと冷静に振り返った。

ラグビー 関東大学対抗戦

チームの主将は細木、副将はそれぞれ、SO(スタンドオフ)押川敦治(4年=京都成章)と、FL(フランカー)上山黎哉(4年=大阪桐蔭)が務める。細木は1年生の頃から公式戦で活躍し、チームのことをよく理解している。したがってチームキャプテンとして、監督や選手からの信頼が厚い。また、副将の2人は高校日本代表にも選出されており、実績と信頼のあるリーダー陣だ。

6月13日に行われた明治大学との招待試合では、32-28で勝利。大学9連覇以来となる貴重な1勝を果たし、好調な今シーズンの流れに勢いをつけた。また、8月に菅平で行われた夏合宿では、天理大学、慶應義塾大学、早稲田大学と対戦。

「春に比べてチームに緊張感が出てきた」と細木が話すように、天理大学との試合では、攻めの姿勢を前面に出し勝利した。一方で、早稲田大学には一歩及ばず敗戦をするが、選手がそれぞれ課題を見つけ、対抗戦に向けて良い収穫となった。

J SPORTS オンデマンド番組情報

副将としてチームを支える押川は、「入学した年に連覇が止まった4年生の立場として、貪欲に優勝したい気持ちがある」と日本一を強く意識している。コンタクトプレーやディフェンスを得意とする押川をはじめ、同じく副将の上山や安定したボールキャリーとスクラムを武器に持つ細木などチームの主力としてラストイヤーを迎える4年生。

そんな上級生を支えるのは、ゲームメイクと正確なゴールキックを持つSO(スタンドオフ)高本幹也(3年=大阪桐蔭)や高校日本代表で、高校日本一を経験した実力者のFL(フランカー)の奥井章仁(2年=大阪桐蔭)である。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ