人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2021年9月22日

帝京大学、挑戦者として10度目の日本一を目指す。ラグビー関東大学対抗戦

ラグビーレポート by 帝京スポーツ新聞部
  • Line

ラグビー 関東大学対抗戦2021

【ハイライト】 帝京大学 vs. 筑波大学

さらに1年生からは全国高校大会を連覇した桐蔭学園の大黒柱だったスーパールーキーLO(ロック)青木恵斗(1年=桐蔭学園)、青木と高校ラグビーの決勝で戦い、惜しくも準優勝となり192センチの体格を生かした突破力があるLO本橋拓馬(1年=京都成章)と、実績を持つ選手が新たに加入した。

ゲインする奥井

今年のチームの特徴は、ひたむきに前進する「突破力」が挙げられるだろう。春の公式戦初戦の大東文化大学戦では、1年ながらスタメンに起用された青木やMOM(マン・オブ・ザ・マッチ)に選ばれた奥井、WTB(ウィング)人見太基(4年=伏見工)などが多くの選手が圧倒的な力の差を見せつけている。他の試合でもチームの強みである粘り強いアタックやディフェンスで、今季は点差の開いた試合が目立った。

これまでのチームを振り返り、「昨年より全体の雰囲気や一体感がよくなっている」と話す細木主将は今のチームを50点と評価した。これまでの好調さとは対照的に挑戦者の立場として、謙虚な姿勢をみせる。秋シーズンへの成長も目が離せない。

12日に開幕したラグビー関東大学対抗戦。初戦は苦しみながらも17-7で筑波大学に勝利した。4季ぶり10度目の大学日本一を目標に、まずは対抗戦で優勝を果たしたい。

文/写真:臼井 塁(帝京スポーツ新聞部)

代替画像

帝京スポーツ新聞部

1996年創刊。帝京大学体育局所属の公認クラブにして唯一の学生新聞。ラグビー部をはじめ、柔道部、空手部、野球部など帝京大体育局の情報を年4回の発行で熱く伝える。現在部員13名で活動。 Twitter @teikyo_sports

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ