人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2021年9月14日

【ハイライト動画あり】帝京大学、筑波大学との初戦白星も苦しい試合展開。ラグビー関東大学対抗戦

ラグビーレポート by 帝京スポーツ新聞部
  • Line

筑波大学との試合は17-7。ラグビー関東対抗戦優勝を目指す帝京大学は、開幕初戦から苦しんでの白星となった。「結果がどうあれ、勝利できたことに価値がある」と主将のPR(プロップ)細木康太郎(4年=桐蔭学園)は前向きに捉え、次戦へに向けて準備を進める。

前半開始2分、筑波大が一気に攻め込み、そのままトライ。先制点を許した。しかし、前半12分、WTB(ウィング)大籔洸太(3年=中部大春日丘)がハーフライン付近で前へ蹴り出したボールを、見事な走りから自ら抑えてトライ。SO(スタンドオフ)高本幹也(3年=大阪桐蔭)もゴールキックを決め、同点に追いつく。

前半35分、モールを押し込みトライ

前半17分には、ゴールライン手前でのスクラムで押し込んだが、グラウンディングが認められず、新ルールによりドロップアウト。その後は硬直状態が続いた。スコアが動いたのは前半35分。ゴール前のラインアウトからモールを押し込んでそのままPR細木がトライし、ついに逆転した。前半40分、相手からペナルティを得てPG(ペナルティゴール)を選択するも、失敗。前半は14-7で終えた。

J SPORTS オンデマンド番組情報

後半は一進一退の攻防が続き、互いに何度も敵陣のインゴールまで攻めるが、トライを決めることはできなかった。後半30分、筑波大のキックでゴールライン直前でボールを確保されるが、帝京がギリギリでトライを阻止。後半31分には、自陣ゴールライン前で相手にペナルティを与え、連続攻撃を受けるが冷静に守り、筑波大の猛攻を凌いだ。

ロスタイムに高本幹也がPGを決める

後半35分には、FL(フランカー)山川一瑳(3年=常翔学園)が好ゲインで一気にゴールラインまで迫るがノックオン。その後も激しいプレーが続いた。ロスタイムに入った後半43分、相手から得たペナルティでSO高本がPGを成功し、突き放す。そのまま17-7で逃げ切り、試合終了。この試合のプレイヤー・オブ・ザ・マッチには、前半に逆転トライを決めたPR細木が選ばれた。

「初戦での気持ちの作り方が難しかった」とPR細木が話すように、試合では終始パスミスやトライの決めきれなかったプレーが目立った。筑波大の粘り強いタックルやデフェンスに苦しみ、「1つ1つのことに対して集中ができなかった」と冷静に振り返り、帝京ラグビーを前面に出せなかったと話した。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ