人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2021年8月6日

勝ち越すのはどっち?必見の第3テストマッチ ブリティッシュ&アイリッシュ・ライオンズは先発6名変更、ファフ・デクラーク負傷欠場の南アフリカはどう戦う?

村上晃一ラグビーコラム by 村上 晃一
  • Line

南アフリカ vs. B&Iライオンズスターティングメンバー


いよいよ正真正銘のファイナル。決着戦だ。12年ぶりのブリティッシュ&アイリッシュ・ライオンズの南アフリカ遠征の最終戦は、8月7日(土)、ケープタウン・スタジアムで行われる。ライオンズの遠征通算成績はここまで5勝2敗で勝ち越しを決めているが、ライオンズのツアーが成功したと言えるかどうかは、南アフリカ代表スプリングボクスとのテストマッチ3連戦で勝ち越すかどうかにかかっている。

B&Iライオンズスターティングメンバー

7月24日の第1戦は22-17でライオンズが先勝し、7月31日の第2戦は、27-9で南アフリカが快勝した。第2戦では南アフリカのスクラムの圧力、徹底したキック戦略にライオンズが後手を踏んだ感があった。タックル成功率は96%という高率ながら、27点を奪われている。このあたり第3戦はメンバー編成が注目されていたが、最後尾のFBには、キック処理に安定感のあるリーアム・ウィリアムズ(ウェールズ)が先発する。

ウィリアムズも含めて、ライオンズは先発で6名の変更がある。スクラム最前列の1番は、第1テストマッチでメンバー入りしながら直前の怪我で欠場したウィン・ジョーンズ(ウェールズ)。HOはルーク・カーワン ディッキーに代わってケン・オーウェンズ(ウェールズ)が入る。3番のPRタイグ・ファーロング(アイルランド)以下、8番までは3戦連続の先発だ。

SHは先週のコナー・マレーに変わって、第1戦でも先発したSHアリ・プライス(スコットランド)、インサイドCTB(12番)は突破力抜群のバンディ・アキがライオンズでのテストマッチデビューとなる。先週12番のロビー・ヘンショー(アイルランド)は13番に回った。注目は14番のWTBジョシュ・アダムズ(ウェールズ)だ。ツアー序盤戦でトライを量産しながら、テストマッチのメンバーからは外れていた。ボールを持っていないときも動き続ける選手だけに南アフリカにとって嫌な存在だろう。ゲームをコントロールするSOは3戦連続でキック戦略に長けるダン・ビガー(ウェールズ)だが、控えのSOがオーウェン・ファレルではなく、スコットランドのファンタジスタ、フィン・ラッセルになったのは注目だ。ラッセルは出場すればライオンズでのテストマッチデビューとなる。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ