人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2021年6月28日

ラグビー日本代表、歴史的試合で手応え 後半、スピード勝負に活路

村上晃一ラグビーコラム by 村上 晃一
  • Line

松島幸太朗

日本代表の苦難の歴史を知る人々にとって、隔世の感がある試合だっただろう。イングランド、スコットランド、ウェールズ、アイルランドの精鋭を集めた「ブリティッシュ&アイリッシュ・ライオンズ」と日本代表が堂々たる戦いを繰り広げたからだ。10-28と、4トライを奪われる敗北ではあったが、互角にスクラムを組み、モールの前進を許さず、後半のテンポアップでライオンズのディフェンスを慌てさせた。2019年のラグビーワールドカップ以降、コロナ禍で代表活動が休止となり、ようやく今年の5月下旬から準備を始めたことを思えば、日本代表選手たちの地力アップを感じる内容だった。

6月26日(土)、スコットランドのエジンバラのマレーフィールドには、入場制限のなかで約16,500人の観衆が集った。リーチ マイケル主将を先頭に紺色の「夜桜ジャージー」をまとった日本代表がピッチに走り出た。続いて、マスコットのぬいぐるみ「ビル」を片手にしたアラン ウィン・ジョーンズ主将(ウェールズ)が先陣を切り、ライオンズが登場する。国歌斉唱は日本代表のみ。英国&アイルランド共和国連合のライオンズは歌わない。

試合前にチェック!

  • ラグビー日本体表選手名鑑

    試合後に食べたくなるもの、よく連絡を取りあう選手、コロナが終息したら行ってみたい所などのアンケートも掲載

ラグビー界でもっとも格の高いチームといっても過言ではないライオンズと日本代表の歴史的一戦は、現地時間午後3時(日本時間午後11時)に始まった。開始1分、日本代表WTB松島幸太朗と、ライオンズWTBでシックスネーションズのトライ王ドゥーハン・ファンデルメルヴァ(スコットランド)が一対一で勝負する。ボールを持った松島が右タッチライン際を抜け出そうとするが、ファンデルメルヴァがかろうじてジャージーをつかみ、タッチラインの外に押し出した。松島のスピードがライオンズを翻弄することを予感させるプレーだった。

前半5分、ゴールラインを背負ってのディフェンスで粘った日本代表は、ラインアウトからの攻撃でSO田村優がオフロードパス、ディフェンスに接近したパスでチャンスを作る。もう一つ右にパスがつながればトライになったかもしれない有効な攻撃だったが、FLピーター・ラブスカフニが捕まってしまう。このとき、ライオンズが見せたのが上半身を抱え込んでボールを出せなくする「チョークタックル」だ。序盤のライオンズは体格では劣る日本代表の弱みをついて、チョークタックルを連発し、日本代表の素早いテンポをつぶそうとしてきた。これに日本代表は苦しむ。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ