人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2021年6月23日

ラグビー日本代表と戦うブリティッシュ&アイリッシュ・ライオンズとは?

ラグビーレポート by 斉藤 健仁
  • Line

今回は南アフリカに遠征

2021年の夏、世界中のラグビーファンがワクワクしているのが、4年に1度のブリティッシュ&アイリッシュ・ライオンズの南アフリカツアーである。遠征の前、6月26日(土)にスコットランド・エディンバラでライオンズvs.日本代表戦も控えており、日本のラグビーファンにとっても大いに楽しみな一戦となっている。

それでは、ライオンズというチームの成り立ちや、トリビアなどをQ&A形式で紹介していきたい。

Q:ブリティッシュ&アイリッシュライオンズとはどんなチームですか?

A:ライオンズはイングランド、スコットランド、ウェールズ、アイルランドと、4つのホームネーションズ(協会)の代表選手で構成されるいわば「ドリームチーム」で、赤いジャージーの胸には4つの協会のシンボルを組み合わせたエンブレムが輝いています。

Q:ライオンズはいつから活動しているのですか?

A:1888年に、イングランド、スコットランド、ウェールズ出身の22名の選手からなるチームが、ニュージーランドとオーストラリアに250日間もの長い遠征をしたことが最初です。

当時はまだラグビーのルールも定まっておらず、代表チーム同士の対戦、いわゆるテストマッチもありませんでした。初戦はオタゴ・ダニーデンの選抜チームで、10,000人もの観客が集まったそうです。

その3年後、南アフリカのウェスタン・プロヴィンス協会が、イングランド協会(当時はブリティッシュ・アイルズ)を南アフリカに招待し、初めてテストマッチシリーズが行われました。それから、不定期に南半球への遠征が行われる様になり、1910年の南アフリカ遠征で、初めてアイルランドを含む4つのネーションの代表が参加しました。

Q:どうして「ライオンズ」というのですか?

A:1924年の南アフリカ遠征時につけていた、ライオンのエンブレムに由来します。第2次世界大戦による中断の後、1949年に正式に4つのネーションの団体が設立され、1950年にニュージーランドとオーストラリアに向けた遠征を再開しました。この時に正式に「ライオンズ」の名称が使用されるようになりました。さらに2001年から「ブリティッシュ&アイリッシュ・ライオンズ」が正式名称になっています。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ