人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2021年6月4日

早稲田大学、初戦黒星から1ヶ月の修正期間を経て日本大学と対戦。ラグビー関東大学春季大会

ラグビーレポート by 早稲田スポーツ新聞会
  • Line

ラグビー関東大学春季大会 Aグループ

【ハイライト】早稲田大学 vs. 東海大学

前節ではセットプレーでのミスや、試合の立ち上がりという課題が露呈した早大。一方、春から取り組んできた部分は通用したという収穫があった。

また、長田やPR(プロップ)小林賢太(スポ4=東福岡)ら上級生だけでなく、PR亀山昇太郎(スポ1=茨城・茗渓学園)や、NO8(ナンバーエイト)佐藤健次(スポ1=神奈川・桐蔭学園)ら、ルーキーの活躍も今後期待できそうだ。

さらに日大戦ではHO(フッカー)西野直樹(法3=東京・早大学院)、FL(フランカー)藤井将吾ら、公式戦初メンバー入りとなるリザーブ陣にも注目したい。

日大戦はセットプレーに注目したい

1カ月という長い調整期間を経て、どこまで成長しているのか、日大戦で真価が問われる。チームの修正力が勝利へのカギとなるだろう。磨きをかけた早大に期待だ。

文:水島梨花/写真:大滝佐和(早稲田スポーツ新聞会)

早稲田スポーツ新聞会

早稲田スポーツ新聞会

1959(昭和34)年創刊。人気の野球、ラグビーを中心に早大体育会44部をくまなく取材し、年12回の新聞発行およびWebやSNSによる情報発信を行う。現在部員170名で活動。»早スポHP»Twitter»Facebook

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ