人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2021年5月26日

グレイグ・レイドロー、トップリーグでの1年と、B&I・ライオンズvs.日本代表戦を語る

ラグビーレポート by 斉藤 健仁
  • Line

日本でキャリアを終えると決めているレイドロー

5月21日(金)、NTTコミュニケーションズシャイニングアークスの元スコットランド代表SH(スクラムハーフ)グレイグ・レイドロー選手に対し、千葉マツダの大木康正社長から「マツダCX-8」の車両贈呈式が、千葉県市川の千葉マツダ市川支店で行われた。

レイドロー選手はスコットランド伝統のチェック柄のジャケットで登場。妻や男の子2人と一緒に日本で過ごしているため、家族ぐるみの付き合いがあるアキ(=WTB山田章仁選手)のオススメする、海やビーチといった千葉県内のスポットへ向けてのドライブを楽しんでいるとのこと。

この会見の翌日も家族でドライブし、野球の西武ライオンズの試合を観戦に行く予定があるという。

◆トップリーグでの1年を振り返る

日本で初めてのシーズンを終え、印象に残っている試合を聞かれて「一番楽しかったのは(開幕戦で勝利した)Honda(HEAT)戦です。開幕が延期されて待ちに待った試合で、自分のトップリーグのデビュー戦でもあったので大きな意味があった。また、東芝(ブレイブルーパス)戦は東京の真ん中にある秩父宮ラグビー場でプレー出来て、いろんな意味で印象深かった」と振り返った。

来季に向けてレイドロー選手は「今季はシーズンの序盤でキープレイヤーをケガなどで失ってしまった。チームとして新加入の選手や補強が楽しみです。また、Honda戦には(勝利して)いい試合ができたが、連敗が続いて自信を失った。スタイルの明確化ができていなかったので、そこはもう一度見直さないといけない」と課題を口にした。

また、レイドロー選手はNTTコミュニケーションズで、日本でラグビーをすることは「とても光栄で、スコットランドとは違うラグビーをすることと若手の手助けをできることを楽しんでいる」と話した。

日本代表候補にも名を連ねたSO(スタンドオフ)の前田土芽、松尾翔太郎、WTB(ウィング)石井魁らの名を挙げて、「(NTTコミュニケーションズには)成長した若手選手がたくさんいたし、これからも活躍すると思います。練習中から自分たちの向上している部分を明確してチャレンジして成長してほしい」とエールを送った。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ