人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2021年5月7日

日本代表とも戦うドリームチーム「ブリティッシュ&アイリッシュ・ライオンズ」が南アフリカ遠征スコッドを発表

ラグビーレポート by 斉藤 健仁
  • Line

B&I・ライオンズは日本とも対戦

4年に1度、イングランド、ウェールズ、スコットランド、アイルランドの各国代表の選抜で構成されるドリームチーム「ブリティッシュ&アイリッシュ・ライオンズ」のスコッド37名が発表された。ライオンズは6月26日(土)にスコットランドで日本代表と対戦してから南アフリカに移動する予定だ。

イングランドからは11名(FW:8名、BK:3名)、ウェールズからは10名(FW:5名、BK:5名)、スコットランド代表からは8名(FW:3名、BK:5名)、アイルランド代表からは8名(FW:5名、BK:8名)が選出された。

イングランドは今年のシックスネーションズで5位だった影響からか、4年前は16名の選出だったが、今回は11名と減少した。ただ、クラブチームとしてはイングランドのサラセンズから最多の5人が選ばれた。

キャプテンにはウェールズ代表の主将で今回唯一、2009年に行われた前回の南アフリカ遠征にも参加した、テストマッチ最多の157キャップのLO(ロック)アラン ウィン・ジョーンズが務める。

ジョーンズ キャプテンは「日曜の夜にガッツ(ガットランドHC)から(携帯に)着信があった。それで掛け直してちょっと話して引き受けると伝えました。大変名誉なことです。スコッドに選ばれるのだけでも名誉なのに、さらにキャプテンの腕章をつけるのは非常に栄誉」と話した。なお、ジョーンズは史上4人目となる4回連続の選出となった。

ほかにもイングランド代表HO(フッカー)ジェイミー・ジョージは「名前が呼ばれるまで、神経が張り裂けるような時間でしたよ。とにかくすごくホッとして、とても誇らしく思います」と安堵の表情を見せた。

37名のスコッドの約半数にあたる19名の選手が、前回のニュージーランド遠征(2017年)に引き続き選出され、さらに6選手が8年前のオーストラリア遠征にも参加した選手が入った。

イングランド代表キャプテンのSO(スタンドオフ)オーウェン・ファレル、スコットランド代表キャプテンのFB(フルバック)スチュアート・ホッグはスコッドに選ばれたが、アイルランド代表のスキッパーであるSOジョナサン・セクストンは外れた。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ