人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2021年4月11日

リーグ戦終了、サントリーとパナソニックが首位、神戸製鋼も無敗でトーナメントへ。トップリーグ最終節振り返り

ラグビーレポート by 斉藤 健仁
  • Line

2月20日(土)に始まったジャパントップリーグ。4月10日(土)11日(日)にリーグ戦の最終節となる第7節の8試合が行われた。

ホワイトカンファレンスはパナソニック ワイルドナイツ、そして神戸製鋼コベルコスティーラーズが負けなしの6勝1分となったが、勝ち点差でパナソニックが首位、2位が神戸製鋼、3位がNTTドコモレッドハリケーンズとなった。

レッドカンファレンスは7戦全勝のサントリーサンゴリアスが1位、2位にトヨタ自動車ヴェルブリッツ、3位にクボタスピアーズが入った。

ホワイトカンファレンスから見ていこう。10日(土)には3試合が行われた。勝ち点差で首位に立っていたパナソニックはホームの埼玉・熊谷ラグビー場にヤマハ発動機ジュビロを迎えた。

竹山晃暉のトライ

前半開始早々、パナソニックWTB(ウィング)竹山晃暉がトライを挙げると、CTB(センター)ディラン・ライリー、ハドレー・パークスもトライを挙げて、19-0とリードする。ヤマハ発動機もFB(フルバック)にサム・グリーンを投入し自陣からアタックすると、前半終了間際にWTBマロ・ツイタマが2トライを挙げて、12-21と追い上げる。

しかし後半、地力に勝るパナソニックが、MOM(マン・オブ・ザ・マッチ)に輝いたCTBライリーがさらに2トライを挙げ、ハットトリックを達成するなど、5トライを重ね、55-19で快勝。カンファレンス首位を決めた。

J SPORTS 放送情報

大阪・東大阪市花園ラグビー場では3位のNTTドコモレッドハリケーンズと、2位の神戸製鋼戦が行われた。セットプレーで優位に立った神戸製鋼が攻める時間が長かったが、NTTドコモがSH(スクラムハーフ)のTJ・ペレナラを中心にゴール前で粘り、少ないチャンスで得点を挙げる。前半は14-13と神戸製鋼のリードで折り返した。

後半に入り、28分までにNTTドコモがPG(ペナルティゴール)や、FB(フルバック)のトム・マーシャルのトライで、26-19と逆にリードを奪う。その後、神戸製鋼もFB山中亮平のトライで同点に追いつくが、NTTドコモはPGを返して、29-26と再びリードする。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ