人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2021年3月31日

東福岡が快勝、桐蔭学園が接戦を制して決勝進出。全国高校選抜ラグビー大会準決勝

ラグビーレポート by 斉藤 健仁
  • Line

3月29日(月)、埼玉・熊谷ラグビー場で行われている第22回全国高校選抜ラグビー大会は4日目を迎え、準決勝2試合が行われた。1試合目は東福岡(福岡)が快勝し、2試合目は桐蔭学園(神奈川)が接戦を制して、31日(水)の決勝に駒を進めた。

第1試合は東海大大阪仰星(大阪)と東福岡が激突した。両者は3ヶ月前の花園・準々決勝でも対戦し、21-21の引き分け(抽選の末、東福岡が準決勝に進出)だった。その再戦ということもあり、両者とも気合いが入っていた。

FWで前に出た東福岡

序盤、東福岡はキックを使って陣地を取る戦略を取った。ラインアウトで有利に立てるのでは、という分析からだったという。

仰星FB穴澤の先制トライ

だが、前半9分、東海大大阪仰星がキックカウンターからボールを大きく動かし、左サイドでショートパスをつないで、FB(フルバック)穴澤開(1年)が左端にトライ。CTB(センター)野中健吾(2年)がゴールを決めて7-0と先制する。

東福岡もすぐに反撃。12分、PR(プロップ)島本京(2年)がトライ。さらに17分、相手のキックをチャージしてチャンスを作り、FB石原幹士(1年)が押さえて、12-7と逆転に成功する。

前半終了間際、仰星WTB御池の逆転トライ

ただ、東海大大阪仰星もボールを動かして、23分、WTB御池蓮二(2年)が中央にトライを挙げて、14-12とリードして前半を折り返した。

後半、2点ビハインドの東福岡の藤田雄一郎監督は「前半でコンタクトが優位とわかったので、強いラグビーしよう」と選手を送り出した。

後半1分、東福岡WTB遠藤の逆転トライ

その言葉の通り、後半1分、自陣からボールを展開し、WTB遠藤亮真(2年)が左中間にトライ。さらに9分、相手のパスミスに反応したゲームキャプテンSO楢本幹志朗(2年)がインゴールでボールを押さえてトライ。

13分には再びキックチャージからFL(フランカー)大西一平(2年)がトライを挙げ、29-17として試合の流れを大きくたぐり寄せた。その後は東福岡が3トライを重ねて終わって見れば46-17で快勝。

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ