人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2021年3月29日

盤石のパナソニックは全勝街道を突き進む。鉄壁守備でNECを圧倒。

ラグビーレポート by 多羅 正崇
  • Line

2015年度以来5度目の優勝を目指すパナソニックが、盤石の試合運びで圧倒した。

開幕4連勝でホワイトカンファレンス首位のパナソニックが3月28日(日)、東京・秩父宮で行われた「トップリーグ2021」第5節で、4敗のNECと激突した。

序盤はNECの防御が光った。

特別枠で出場の4年目・CTBマリティノ・ネマニがジャッカルで存在感を示せば、前半5分には、この日トップリーグ88人目となるリーグ戦通算100試合出場を達成したPR瀧澤直が、相手キャリアーからボールをもぎ取る好守。

しかし自軍ボールのラインアウトでミスが起こるなど、NECはリズムに乗れない時間帯が続く。

すると前半11分、パナソニックは近場攻撃の連続でFWを寄せたところで、SO松田力也がWTB竹山晃暉にクロスキック。

ボールをキープし、最後はラックからFL布巻峻介が押し込んで先制トライ。5点を先取した。

パナソニックの守備は、キャプテンのHO坂手淳史が「前半スローになったがやるべきことをやった。FWが前に出るところ、モールのディフェンスで動き続けられた」と語った通りの鉄壁ぶり。

両ロック(ヒーナンダニエル、ジョージ・クルーズ)のパワフルなディフェンスなどで重圧をかけ、FB野口竜司など、バックス陣も随所で献身性を見せた。

すると前半27分にはそのディフェンスから相手を押し込み、HO坂手のキックチャージから2トライ目。

福岡堅樹(パナソニック)

そして前半終了間際にはサインプレーからWTB福岡堅樹が突破。タックラー2人を振り解き、本人も「自分らしいランでトライが獲れた」と納得の一撃で、22-0とリードして前半を折り返した。

後半最初のトライもディフェンスから。

パナソニックは前半5分に相手ラインアウトで、19年W杯イングランド代表のLOクルーズがインターセプト。パスを繋げてトライを生み出す。

その2分後(後半7分)、NECも相手のパスを読んだSO亀山宏大がタッチライン際でインターセプト。お返しの1トライを奪うが、以降は無得点。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ