人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2021年3月1日

トヨタ自慢のアタック力が爆発。7トライを奪う猛攻でNTTコムに快勝。

ラグビーレポート by 直江 光信
  • Line

NTTコム vs. トヨタ自動車(2/28)

ともに開幕節で力のあるチームに勝利し、上位進出に向けて重要な意味を持つ一戦となった試合は、トヨタ自動車ヴェルブリッツが7トライを挙げる猛攻を見せ、NTTコミュニケーションズシャイニングアークスに47-29の完勝を収めた。

J SPORTS オンデマンド番組情報

80分を通して目を引いたのは、トヨタ自動車の意欲あふれるアタッキングマインドだ。象徴はこの日最初のトライが生まれた前半12分のシーン。マイボールのキックオフをWTB高橋汰地が見事なジャンピングキャッチで確保し一気に敵陣深く攻め込むと、ゴール正面で得たペナルティからSH茂野海人がすかさず速攻を仕掛け、WTB高橋が右コーナーに飛び込む。手堅くPGを刻むのではなく、積極的にトライを取りにいくというチーム全体の意志が表れた場面だった。

1PGを加えて迎えた21分には、PR淺岡俊亮のビッグタックルからこぼれ球を確保するや切り返し、SOライオネル・クロニエがギャップを鋭くブレイク。WTBヘンリージェイミー-CTBロブ・トンプソンとつないで約70メートルのカウンターアタックを仕上げ切った。31分にもゴール前でラインアウトモールを押し切り、25-8と大きく先行して前半を折り返す。

前節の東芝ブレイブルーパス戦では後半に猛追を許したトヨタだったが、この日はそうした失速もなかった。6分、通ればトライというパスをNTTコムのWTB張容興にインターセプトされ、約90メートルの独走トライを喫したが、直後にキックレシーブからの切り返しでまたもSOクロニエが抜け出し、WTBヘンリーが左隅にフィニッシュ。16分にはふたたびラインアウトモールを押し切って、35-15とリードを広げる。

NTTコムもここで意地を見せ、20分にゴール前で密集脇を抜け出したNO8ヴィリー・ブリッツがポスト下にトライ。28分にはスクラムから一気に大外へ振って途中出場のWTBトロケマイケルがインゴールに飛び込み、29-35とワンプレーで逆転可能なスコアに詰め寄った。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ