人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2020年12月31日

帝京大学vs.早稲田大学、接点での勝負がポイント。ラグビー全国大学選手権準決勝

ラグビーレポート by 斉藤 健仁
  • Line

対抗戦では早稲田が接点勝負で勝った

1月2日(土)、東京・秩父宮ラグビー場で第57回ラグビー全国大学選手権の準決勝が行われる。第1試合は連覇を目指すディフェンディングチャンピオンの早稲田大学(関東大学対抗戦2位)と、3年ぶりの王座奪還を狙う帝京大学(関東大学対抗戦4位)が激突する。

今シーズンの対抗戦での両者の対戦は、早稲田大学が45-29で快勝している。しかし、帝京大学も大学選手権の準々決勝でリーグ戦王者の東海大学に14-8で勝利して勢いに乗っている。ともにディフェンス、接点にこだわっているチームだけにタイトな試合が予想されている。

それでは、まず早稲田大学のメンバーから見ていこう。準々決勝で慶應義塾大学(関東大学対抗戦3位)に29-14で勝利した試合から、先発のメンバー変更はFW(フォワード)1人にとどめた。LO(ロック)大崎哲徳(4年)がスターターに復帰し、桑田陽介(3年)がベンチに下がったのみだ。

他の14人は同じでFW第1列はPR(プロップ)久保優(4年)、小林賢太(3年)、HO宮武海人(3年)の3人。大崎とLOコンビを組むのは副将の下川甲嗣(4年)だ。そして早稲田自慢のバックローは主将のNO8(ナンバーエイト)丸尾崇真(4年)を筆頭に、FL(フランカー)相良昌彦(2年)、成長著しいルーキー村田陣悟(1年)だ。

メンバー変更がなかったBK(バックス)はスター選手が揃う。ハーフ団はSH(スクラムハーフ)小西泰聖(2年)、SO(スタンドオフ)吉村紘(2年)の2年生コンビ。CTB(センター)は寮では同じ部屋のルーキー伊藤大祐と総合力の高い長田智希(3年)。

走力に長けたバックスリーは、BKでは唯一の4年生のWTB(ウィング)古賀由教(4年)、今季最も成長した選手の1人である槇瑛人(2年)、そして決定力とハイボールキャッチに長けたFB(フルバック)河瀬諒介(3年)だ。

相良南海夫監督は「ここまで自分たちの力を1週間、1週間、どう伸ばしていくかにフォーカスしてきました。今日の反省、課題を含めてしっかり修正して自分たちの力を上積みしてチャレンジしたい」と意気込んできる。

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ