人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2020年11月27日

ニュージーランド国内王者は!?マイター10カップ決勝「オークランド×タスマン」。日本国籍持つロスはメンバー入り

ラグビーレポート by 多羅 正崇
  • Line

マイター10カップ オークランド×タスマン

今年のマイター10カップの王者はタスマンか。それともオークランドか。

9月に開幕したNZ国内選手権「マイター10カップ」のプレミアシップ決勝が、ついに11月28日(土)、オークランドのイーデンパークで開催される。

14の地域代表が参加するマイター10カップは、上位7チームによる1部「プレミアシップ」と、下位7チームによる2部「チャンピオンシップ」に分かれている。

今年は10週のレギュラーラウンドと各上位4チームによる準決勝を経て、2部のチャンピオンシップ決勝にはホークス・ベイとノースランドが残った。

そして国内王者を決める1部のプレミアシップ決勝には、2連覇を狙うタスマンと、2年ぶりの覇権奪還をめざすオークランドが勝ち進んだ。

この試合はスポンサーの大手不動産エージェンシー「バーフット&トンプソン」社の協力により無料で観戦できるという。J SPORTSではオンデマンド限定で11月28日(土)午後2:30よりLIVE配信される。

タスマンといえば、昨季はSH内田啓介(パナソニック)が参加。初優勝を成し遂げたウェリントンとの決勝(31-14)にも途中出場して貢献した。

そして今年は、日本国籍を持つ日本人であり、2019年までNTTコミュニケーションズで9季プレーしたロス アイザックが在籍。

準決勝でベイ・オブ・プレンティを19-10で破り、2連覇に王手をかけた決勝の舞台に、ロスはリザーブで名を連ねている。

国内選手権であるマイター10カップはNZ代表を頂点とするピラミッドではスーパーラグビーに次ぐ第三層に位置づけられるが、出場選手はトップレベル。

タスマンの先発メンバーを見てみると、今年NZ代表に初選出されたLOクィンテン・ストレンジ。

さらに9月5日に開催された伝統の南北対決「North(北島選抜)×South(南島選抜)」の出場者では、ハーフバック団のSHフィンレー・クリスティとSOミッチェル・ハント。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ