人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2020年11月24日

【ハイライト動画あり】早稲田大学、規律の取れたディフェンスで早慶戦を制する。ラグビー関東大学対抗戦

ラグビーレポート by 早稲田スポーツ新聞会
  • Line

吹き付ける風が肌寒さを感じさせる中、イレギュラーなシーズンとなった今年も、伝統の一戦は無事に開催された。ここまで唯一、負けなしで首位に立つ早稲田大学は、堅い守りで白星を重ねる慶應義塾大学と対戦。

前半、慶大がPG(ペナルティゴール)で先制するが、その後、早大がディフェンスからリズムを作り出し、12-6で折り返す。迎えた後半、16分に早大がPGを決めると直後に慶大がトライ。4点差まで追い上げられるものの、26分にも追加点を挙げ22-11で試合終了。伝統の一戦を制し、6戦全勝で宿敵・明治大学との試合に臨むこととなった。

試合開始直後は、両者譲らぬ展開が続く。先に得点したのは慶大。自陣深くでの反則からPGを決められてしまう。追いつきたい早大は19分、敵陣5mの位置でラインアウトを獲得し、絶好のチャンスを迎えた。ラインアウトから右に展開したあと、SO吉村紘(スポ2=東福岡)がスペースを突いてインゴールに飛び込み、5-3と逆転に成功。

槇瑛人が飛び込みトライ

その後は自陣でプレーする時間が続き、一時はゴール前数十cmのところまで攻め込まれた。しかし、早大は集中した守りでトライを阻止する。そして32分、左右に展開しながら前進し、FB(フルバック)河瀬諒介(スポ3=大阪・東海大仰星)の的確なパスからWTB(ウィング)槇瑛人(スポ2=東京・国学院久我山)がディフェンスを振り切りトライ。

難しい角度からの吉村のゴールキックも成功した。前半終了間際、再び反則から慶大にPGによる得点を許したものの、12-6とリードして前半を折り返す。

J SPORTS 放送情報

後半は、序盤からキックで陣地を取り合う展開となる。8分、早大は反則により自陣5メートルでのラインアウトを与え、ゴール際まで迫られるが、粘り強いディフェンスでインゴールを割らせない。そして15分、敵陣に少し入った位置でペナルティを獲得し、6点差を踏まえてショットを選択。吉村が確実に決め、15-6とする。

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ