人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2020年11月12日

全勝対決!昨季3位の流通経済大学vs.2位の日本大学。ラグビー関東大学リーグ戦

ラグビーレポート by 斉藤 健仁
  • Line

いよいよ全勝同士が激突する。

10月4日(日)に開幕したラグビー関東大学リーグは、昨年度の「3強」の東海大学日本大学流通経済大学が開幕から4連勝を達成。1週の休みを経て、11日14日(土)、埼玉・セナリオハウスフィールド三郷で16:00から、ともに連勝中の流通経済大学と日本大学が対戦する。

なお、この試合は、新型コロナウィルス感染拡大防止のため、無観客で行われる。まず両校の今季の成績を見てみよう。昨年度3位だった流通経済大は下記の通りだ。開幕の法政大学戦にやや苦戦したが、FW(フォワード)、BK(バックス)一体となって攻撃する、持ち前の「ダイナミックラグビー」で残り3戦は相手を圧倒した。

J SPORTS オンデマンド番組情報

◆流通経済大学
・10月 4日 ○28-10 法政大学
・10月11日 ○52-17 専修大学
・10月18日 ○95-31 関東学院大学
・11月 3日 ○64-7  中央大学

続いて昨年2位の日本大学を見てみよう。開幕戦は辛くも中央大学に逆転勝利を収めたが、その後の3戦は武器としているFWのスクラム、モールを軸に戦い、個々にも突破力の高い選手も多く危なげなく快勝した。

◆日本大学
・10月 4日 ○33-28 中央大学
・10月10日 ○50- 5 関東学院大学
・10月17日 ○29-10 専修大学
・10月31日 ○35-22 法政大学

昨年の対戦は日本大学が34-28で勝利し、この試合で勝利した日本大学が2位、流通経済大が3位となった。まずは昨年のリベンジに燃える流通経済大学のメンバーから見ていこう。

FWは運動量豊富なキャプテンオープンサイドFL(フランカー)坂本侑翼を筆頭に、PR(プロップ)小川寛大、津嘉山廉人、トライの嗅覚のあるHO(フッカー)松田一真といった4年生が引っ張る。

バックファイブは前節から2人交替した。LO(ロック)はタマ・カペネ(3年)が4番をつけ、シンクル寛造(2年)の替わりに身長190cmのアピサロメ・ボギドラウ(2年)が先発する。ブラインドサイドFLはルーキーの篠澤輝(尾道出身)、そしてNO8(ナンバーエイド)は、南太陽(2年)がベンチから昇格した。

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ