人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2020年9月25日

タラナキがランファリーシールド防衛戦へ!NZ国内選手権「マイター10カップ」でオタゴと激突

ラグビーレポート by 多羅 正崇
  • Line
タラナキvsオタゴ

タラナキ vs. オタゴ

ニュージーランド(NZ)で100年以上の歴史を持つ盾「ランファリーシールド」を勝ち取り、NZ北島東部のタラナキ地方はお祭り騒ぎに。パレードまで開催された。

9月11日開幕のNZ国内14チームによる州代表選手権「マイター10カップ」。

14チームが上位7チームの「プレミアシップ」、下位7チームの「チャンピオンシップ」という2つのディビジョンに分かれ、交流戦も行いながらレギュラーシーズンを争う。

今年はコロナ禍による変則シーズンにより、ニュージーランド代表“オールブラックス”の選手が多数参戦し、大いに盛り上がっている。

J SPORTS オンデマンド番組情報

先週19日(土)の第2節では、ボーデン&ジョーディーのバレット兄弟を擁するタラナキが、強豪カンタベリーに1点差で勝利し、相手から「ランファリーシールド」を見事に奪った。

この盾は勝者のみが保持するスタイルで、100年以上にわたり争奪戦が繰り広げられている。いわば勝てば奪えるチャンピオンベルトであり、その保持・防衛は「優勝よりも価値がある」と云われるほどだ。

タラナキでは地元でパレードまで開催され、歓喜に沸いた。勝利に貢献したタラナキ出身のSOボーデン・バレットは試合翌週、9月23日に第一子女児が誕生したと公表しており、二重の喜びだったに違いない。

しかし「ランファリーシールド」という栄光を勝ち取れば、次に待ち受けるのは防衛戦だ。

【タナラキ】スターティングメンバー

【タナラキ】スターティングメンバー

開幕2連勝のタラナキは9月27日(日)、同じチャンピオンシップ(下位ディビジョン)に所属する1勝1敗のオタゴを地元で迎え撃つ。

盾の防衛戦として認められるのは、保有チームのホームゲームのみ。

今回は雄大なタラナキ山を眺める人口5千人に満たない町、イングルウッドの多目的競技場「TET スタジアム&イベントセンター」が防衛戦の舞台となる。地元民の期待の表れだろう、チケットはすべて売り切れたという。

本稿執筆時点で出場メンバーは未発表。

ただNZ代表は今週から国内のファカタネ(ベイ・オブ・プレンティー地方)でキャンプを行っており、タラナキはバレット兄弟、LOトゥポウ・ヴァアイの代表3選手は出場できない見込み。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ