人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2020年9月25日

早稲田大学、再び「荒ぶる」を目指す。ラグビー関東大学対抗戦チーム紹介

ラグビーレポート by 早稲田スポーツ新聞会
  • Line

待ち望んでいた、秋が来た。昨年度、対抗戦では明治大学に敗れて準優勝だったが、大学選手権で同校を下し、11年ぶりに悲願の優勝を果たした早稲田大学ラグビー蹴球部。

真新しい国立競技場に『荒ぶる』を響かせた勢いそのままに新たなスタートを切ろうとした矢先、新型コロナウイルス感染症の影響で活動自粛を余儀なくされた。全体での練習が制限され、もどかしい日々が続く中、先日ついにラグビー関東大学対抗戦の開幕が決定。今年の『荒ぶる』に向け、本腰を入れて動き出した。

今季主将を務めるのはNO8(ナンバーエイト)丸尾崇真(文構4=東京・早実)。2年時からNO8を背負い、チームを支えてきた。早稲田への思いが人一倍強く、闘志に燃えるプレーヤーだ。副将は、LO(ロック)下川甲嗣(スポ4=福岡・修猷館)、FB(フルバック)南徹哉(文4=福岡・修猷館)の2人体制となった。

J SPORTS 放送情報

昨季の優勝を支えたタレントは、FW(フォワード)、BK(バックス)ともに残ってはいるが、スター揃いだった昨年の4年生の存在は大きかった。

特に1年時から4年間、不動のHB(ハーフバックス)としてチームを率いたSH(スクラムハーフ)齋藤直人(令2スポ卒=現サントリー)、SO(スタンドオフ)岸岡智樹(令2教卒=現クボタ)が抜けた穴をいかに埋められるかがカギを握るだろう。

鍵を握るHB、写真はSH小西泰聖

個人の判断力を要する早稲田のラグビーにおいて、チームの司令塔となり、試合のテンポを作り出すハーフ団が果たす役割は大きい。SH河村謙尚(社3=大阪・常翔学園)、SH小西泰聖(スポ2=神奈川・桐蔭学園)、SO吉村紘(スポ2=東福岡)らの活躍に期待がかかる。

FWにはジュニア・ジャパンに選出されたPR(プロップ)小林賢太(スポ3=東福岡)や、セットプレーの中心となる下川、丸尾など献身的に仕事をこなす選手が揃う。

さらに、昨年度桐蔭学園高を初の単独優勝に導き、鳴り物入りで入部した伊藤大祐(スポ1=神奈川・桐蔭学園)にも注目が集まる。CTB(センター)、FB、SOと多くのポジションを経験してきたユーティリティープレーヤーは、どのポジションでの起用となるか。

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ