人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2020年8月27日

最下位のフォース、首位のブランビーズに一矢報いるか。スーパーラグビー2020オーストラリア

ラグビーレポート by 斉藤 健仁
  • Line

リザーブには復帰したHOフォラウ・ファインガアに、PRスコット・シオ、FLロブ・ヴァレティニ、SHニック・ホワイトといったオーストラリア代表が控える。他にはSOリージャン・パシトア、CTBレン・イキタウといった若い選手がベンチからチャンスを伺う。

マッケラーHCは「失うもののないフォースは、すべてを我々にぶつけてくるだろうし、我々もそれを受けて立つ準備はできている」と力強く語り、「ホームにより多くのファンを迎えることができて非常に嬉しいし、感謝している」とファンの前で戦えることを喜んだ。今節も強力なFWを全面に押し出しつつ、チーム一丸となりトライを量産できるか。

初白星を目指すフォース

一方、対するフォースは、新型コロナウィルスの影響でホームが使えない影響は隠すことができず、前節のレッズ戦では5-57と大敗するなど、これまで6戦全敗で勝ち点2で最下位と、厳しい戦いが続いている。

FWは第1列が、PRにペク・カーワンとキーラン・ロングボトム、HOにアンドリュー・レディー、第2列は元ニュージーランド代表のジェレミー・スラッシュとオリー・アトキンスが引き続き先発する。第3列はFLファーガス・リー ワーナーと、ケイン・コテカがコンビを組み、ヘンリー・ストワーズはブリナード・スタンダーに替わってNO8に入った。

BKはキャプテンのSHイアン・プライヤーが、先発復帰したSOジョノ・ランスとハーフ団を構成する。東芝でもプレーする元オールブラックスCTBリチャード・カフイは控えに回り、サモア代表経験のあるヘンリー・タエフがカイル・ゴッドウィンとともに先発する。

WTBはパイロン・ラルストンからマルセル・ブラーシュに代わって、ブラッド・レーシーと両翼を担い、FBはジェイク・ストラチャンに代わり、ジャック・マクレガーが先発となった。

ベンチには出場すればスーパーラグビー50キャップとなるバックローのブリナード・スタンダー、CTBカフイ、ベテランSHニック・フリスビーら経験豊富な選手が入った。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ