人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2020年3月9日

シャークス首位浮上!ハグアレスを下して今季5勝目。スーパーラグビー第6節

ラグビーレポート by 多羅 正崇
  • Line

5か国15クラブによる最高峰リーグ「スーパーラグビー」の2020年シーズン。

第6節を終えて勝ち点で首位に立ったのは、ニュージーランド・カンファレンスの3連覇王者クルセイダーズ(勝点18)でもなければ、オーストラリア・カンファレンスで独走するブランビーズ(勝点18)でもない。

南アフリカ・カンファレンスのシャークス(勝点20)だ。

クルセイダーズなどより1試合多く消化していることは大きいが、過去5年のシャークスの総合順位は11、8、8、8、6。

新指揮官であるショーン・エヴェリットHC(ヘッドコーチ)のもと、躍進していると言ってよいだろう。

シャークスは3月7日(土)第6節、アルゼンチンから遠征してきた3勝2敗のハグアレスと、地元ダーバンで激突した。

シャークスはハイボールの再獲得から優勢に立った。

ハイボールのキッカーは2人。クボタに在籍経験のあるSHルイ・シュラウダー、’18年度は宗像サニックスでプレーしたSOカーウィン・ボッシュだ。

彼らが高精度のキックを蹴り上げ、競り合い、こぼれ球を何度も再獲得。前半4分のLOハイロン・アンドリュースの先制トライは、ハイボールの再獲得が起点となった。

さらに前半9分にはブレイク中のNO8シクンブーゾ・ノーチェが、PKからのクイックスタートで独走トライ。12-0と突き放した。

手鼻を挫かれたハグアレスだが、前半18分に反撃。

SOホアキン・ディアス・ボニージャの的確なクロスキックを捕球し、難なく右隅にグラウンディング。7点差(5-12)に迫ったが、シャークスは落ち着いていた。

シャークスは‘19年W杯に出場したCTBルカンヨ・アム主将、WTBマカゾレ・マピンピら豪華なバックス陣を誇るが、フォワードの献身性、一体感も武器だ。

さらに1トライを奪われて劣勢になったハグアレスは、モール攻撃に活路を見出そうとするが、これをシャークスFWが何度も跳ね返した。

ハグアレスは前半35分に相手反則からゴール前に侵入し、最終的にはFBホアキン・トゥクレがスコアした。しかし勝負をかけた直前のラインアウトモールでは取りきれておらず、大勢は苦しいままだった。

前半を22-12で折り返したシャークスは、後半は着実に加点していく。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ