人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2020年2月28日

小倉、中野にティム・ホラン息子。見どころ満載の「ハリケーンズ×サンウルブズ」。スーパーラグビー第5節

ラグビーレポート by 多羅 正崇
  • Line

海外遠征中のサンウルブズが、ニュージーランド(NZ)の強豪ハリケーンズに立ち向かう。

南半球を中心とした5か国15クラブによる最高峰リーグ「スーパーラグビー2020」。

リーグ参戦5年目で1勝2敗の日本チーム・サンウルブズは、2月29日(土)第5節、NZ北島のネイピア(マクリーンパーク)で、2勝1敗のハリケーンズと激突する。

ハリケーンズは2016年以来2度目の優勝をめざしている強豪。過去5年シーズンで優勝1回、準優勝1回、四強3回と安定している。

ゲームデイは最高気温が30度に迫る予報もあり、厳しい闘いが待ち受けているだろう。

ただ今季のハリケーンズは不調からのスタートだった。

アシスタントコーチから昇格したジェイソン・ホランドHC(ヘッドコーチ)が新指揮官となったが、ストーマーズ(南アフリカ)との開幕戦で0-27の完封負け。

アルゼンチンに移動しての第2戦は、地元ハグアレスに26-23で辛勝。FBジョーディー・バレットがNZのペナルティーゴール(PG)成功最長飛距離を更新する63mのPGを決めるなどし、なんとか競り勝った格好だった。

そして今季初のホームゲームだった第3節で、好調のシャークス(南アフリカ)を38-22で下して2勝目を挙げた。

調子は右肩上がりだが、優勝した’16年のような選手層、完成度は見られず、これから自信を深めていくチームだろう。

絶対的司令塔だったボーデン・バリットのブルーズ(NZ)の移籍はいまだ不安要素。空いた10番はフレッチャー・スミスとジャクソン・ガーデン・バショップが競り合い、安定していない。

他にも主力だったLOサム・ラウシ(英スカーレッツ)、マット・プロクター(英ノーサンプトン)が北半球へ移った。

ただサンウルブズ戦の出場メンバー23人を見てみると、やはりラグビー王国らしく充実したメンバーが並ぶ。

NZ代表のスクラムハーフ、TJペレナラはチームの顔。ジャッカルも得意なリーダーだ。

コンビを組む10番のフレッチャー・スミスは完封負けを喫した開幕戦以来の先発。10番定着へ重要な一戦になる。

NZ代表経験のある先発メンバーでは、好タックラーのPRタイレル・ロマックス、優れたキャリアーであるFLヴァエア・フィフィタ、万能型のNO8ガレス・エヴァンス。

惜しくも’19年W杯メンバーから落選したCTBンガニ・ラウマペは、命知らずの弾丸ランが見物だ。防御網へトップスピードで突っ込み、活路をこじ開ける。

WTBベン・ラムは’18年のトライ王。今季終了後の仏ボルドー入りが報じられており、渡仏前に大きな結果を残したいシーズンだ。

若返りも図る今季のハリケーンズで、22歳のFLデュプレッシー・キリフィは出色。昨季デビューで身長180センチと小柄だが、タックルとジャッカルを得意とする有望な正統派フランカーだ。

そして、同じく22歳で、すでにNZ代表2キャップを持つHOアサフォ・アウムア。驚異的な脚力とハンドオフが売りで、リザーブに入ったPRアレックス・フィドウと共に20歳以下の世界大会で大活躍した。

アウムアと同ポジションで実績で勝るリッキー・リッチテリはリザーブ入り。'19年W杯に出場したHOデイン・コールズは負傷によりメンバー外。同じくW杯出場のFBジョーディー・バレットも出場はない。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ