人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2020年1月10日

前回王者・神戸製鋼が地元で初陣!キヤノンは田中史朗、田村優が先発!トップリーグ2020開幕戦

ラグビーレポート by 多羅 正崇
  • Line

優勝候補の神戸製鋼が、地元で貫禄を見せつけるのか。それともキヤノンがスタートダッシュを切るのか。

17シーズン目となる国内最高峰「トップリーグ」が1月12日(日)に開幕する。

兵庫・神戸総合運動公園ユニバー記念競技場では、前シーズン1位の神戸製鋼コベルコスティーラーズが、同12位のキヤノンイーグルスを迎え撃つ。


神戸製鋼コベルコスティーラーズ

地元で開幕戦を迎える神戸製鋼は、ラグビー日本代表4名(中島イシレリ、ラファエレティモシー、アタアタ・モエアキオラ、山中亮平)を擁する。

ニュージーランド代表“オールブラックス”のブロディー・レタリック(ロック)という戦力も加わり、FWの選手層はさらに重厚感を増した。

前シーズンは決勝戦でサントリーを55-5の大差で破り、15年ぶりのトップリーグ制覇。

オールブラックスのアシスタントコーチとして2度のW杯優勝(2011、2015)を経験している1年目のウェイン・スミス総監督らが、波のあった才能集団をワンチームにまとめ上げた。

チームは「連覇」という難しいフェーズを迎えているが、開幕前の順位予想では、元日本代表の大畑大介氏、菊谷崇氏、野澤武史氏が1位予想に挙げるなど前評判は高い。

今シーズンは2018年度に続いて共同キャプテン制。前川鐘平(フランカー)と、元NZ代表のアンドリュー・エリス(スクラムハーフ)のコンビだ。

「自分たちがどういうチームなのかというところにフォーカスして、しっかりラグビーをやっていく」(前川キャプテン)


では開幕節のメンバーを見てみよう。204センチ121キロのNZ代表LOレタリックがいきなりスタメンを飾り、ゲームキャプテンはフランカー(FL)橋本大輝。

ハーフバック団は、2015年W杯日本代表のスクラムハーフ(SH)日和佐篤、NZ代表“オールブラックス”の英雄、スタンドオフ(SO)ダン・カーターという豪華タッグ。

そしてW杯日本大会で多くのトライに絡んだオフロードパスの名手、日本代表のセンター(CTB)ラファエレティモシーが登場。さらに最後尾フルバック(FB)には、山中亮平がスタメン出場する。

さらにリザーブには人気者のプロップ(PR)中島イシレリ、W杯では出場のなかった最終兵器、潜在力抜群のウイング(WTB)アタアタ・モエアキオラが出場を待つ。


キヤノンイーグルス

一方、敵地に乗り込むキヤノン。

ラグビー日本代表では、SH田中史朗とSO田村優というハーフバック団が在籍する。

前シーズンは、毎回激戦となるリコーとの“事務機ダービー”に17-21で競り負けるなどし、過去ワーストの12位に沈んだ。

しかし2018年より指揮官を務めるアリスター・クッツェーHC(ヘッドコーチ)のもと、今シーズンは浮上を期する。

2015年度は神戸製鋼の指揮官だったクッツェーHCは、2016年から2018年まで南アフリカ代表“スプリングボクス”を率いた。

2019年のカップ戦(トップリーグカップ2019)では、南アフリカの指導者らしくチームにフィジカルファイトを求め、激しいブレイクダウン(ボール争奪局面)で相手を圧倒した。

キャプテンは、こちらも2018年度と同じ庭井祐輔(フッカー)と嶋田直人(フランカー)による共同キャプテン制。

「例年以上に練習量が増えて、鍛えられたチームになりました」(庭井・共同キャプテン)

果たしてどんなラグビースタイルに仕上げてきたのか。


出場メンバーを見てみると、なんと言ってもSH田中とSO田村という日本代表コンビがスタメンで登場するのは注目度が高い。果たしてどんなゲームメイクを見せてくれるのか。

またW杯日本大会は怪我により選考からは漏れたが、フッカー(HO)庭井祐輔は2023年フランス大会を見据えるW杯戦士候補。卓越したスクラメイジャーであり生粋のリーダーでもある。

また破壊力は世界トップクラスのWTBホセア・サウマキは、今シーズンも当然ながら要注目だ。問答無用の突進が会場を湧かせることは間違いない。

そしてW杯で優勝した南アフリカ代表のCTBジェシー・クリエルも見逃せない。スキルフルで完成度は抜群。ルックスも良い大型新戦力だ。

注目の「神戸製鋼コベルコスティーラーズ×キヤノンイーグルス」は、2020年1月12日(日)午後0:50からJ SPORT 3で生放送、JSPORTSオンデマンドでLIVE配信される。

W杯日本大会を戦った国内外の代表スターが登場することは、トップリーグにとって、また日本ラグビーにとっても朗報だろう。

豪華スターの競演を楽しむと共に、次期代表候補など、新たなお気に入り選手も見つけてほしい。




文:多羅正崇
多羅正崇

多羅 正崇

スポーツライター。法政二高-法政大学ではラグビー部に所属。大学1年時にU19日本代表候補に選出される。法政大学大学院日本文学専攻卒。現在は「ラグビーリパブリック」「Number web」等に記事を寄稿。ユーモアエッセイストとしても活動中。

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ