人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2019年12月27日

高校3冠を目指す桐蔭学園、キーマン2人の意気込み。全国高校ラグビー大会

ラグビーレポート by 斉藤 健仁
  • Line

写真:高校3冠を目指す桐蔭学園

12月27日(金)に東大阪市花園ラグビー場で始まる「花園」こと、全国高校ラグビー大会。

優勝候補の1つが、史上3校目の「高校3冠」を狙う、日本代表WTB(ウィング)松島幸太朗(サントリー)の母校でも知られる東のAシード校・桐蔭学園(神奈川)だ。

その桐蔭学園のFW(フォワード)とBK(バックス)の中核を担うのが、1年生から活躍してきた主将SO(スタンドオフ)伊藤大佑(3年)と、今夏、U17日本代表の主将も務めたNO8(ナンバーエイト)佐藤健次(2年)の2人だ。

伊藤と佐藤の2人に、初の単独優勝を狙うチームの現状、そして直前に迫った花園にかける思いを聞いた。

写真:桐蔭学園の司令塔、主将SO伊藤

◆SO伊藤大佑

―― 選抜大会は3連覇、サニックスワールドユースで3位、関東大会は優勝、7人制ラグビーの「アシックスカップ」で優勝しました。花園では「3冠」がかかっています。

FWとBKのバランスが取れていますし、人もいる。ディフェンスでもアタックでも何でもできるチームになってきた。

ただ、選抜大会やアシックスカップと花園は別の大会です。全然違う、一番厳しいということはわかっているので、1つ1つ、どの相手でも圧倒して最終的に5回勝てば優勝できる。

完璧なディフェンスはないと思うので、毎試合5本トライを取れれば勝てると思うので、すべての試合で5本を意識したい。最終的に優勝して結果的に「3冠」になればいいなと思います。

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ