人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2019年10月25日

オールブラックスとの「事実上の決勝戦」に挑むイングランド代表メンバー。ラグビーワールドカップ2019

ラグビーレポート by 斉藤 健仁
  • Line

10月26日(土)横浜国際総合競技場での準決勝・ニュージーランド世界ランキング1位)戦を控える、2度目の優勝を目指すイングランド(同2位)が試合登録メンバー23名を発表している。

イングランドと「オールブラックス」こと、ニュージーランドの過去の対戦成績は7勝33敗1分と大きく負け越している。2012年に勝利してから6連敗中で、昨秋、アウェイで対戦し惜しくも15-16で敗れている。

40-16で勝利した準々決勝のオーストラリア戦からエディー・ジョーンズHC(ヘッドコーチ)は先発メンバーを1人だけ替えた。

BK(バックス)では、SO(スタンドオフ)ジョージ・フォードをスタートに戻し、前の試合でSOだったキャプテンのオーウェン・ファレルをインサイドCTB(センター)に。

12番だったマヌー・トゥイランギが13番に入り、ヘンリー・スレードが控えに回った。

FW(フォワード)は変更なく、PR(プロップ)マコ、NO8(ナンバーエイト)ビリーのヴニポラ兄弟は揃って先発し、NO8ビリーにとっては節目の50キャップ目の試合となる。

また、ジョーンズHCが「カミカゼキッズ」と呼ぶ若きFL(フランカー)の2人、トム・カリー、サム・アンダーヒルも先発。控えはバックローのルイス・ラドラムがメンバー外となり、マーク・ウィルソンが入った。

ジョーンズHCは「ニュージーランド相手なので、ボールを動かすことが重要だと考えた」。

「速いトランジション(攻守の切り替え)は不可欠。その場合は、それが得意なSOフォードを先発で最初に出す方が適していると考えた」とBKのメンバー変更について話した。

また、12番に入ったキャプテンのファレルは「自信を持って臨みます。それだけの準備をしてきました。だから楽しみでしかありません!」とビッグマッチに語気を強めた。

SOフォードは「ニュージーランドは(リッチー・)モウンガが10番に、ボーデン・バレットが15番になったことで、フィールドのすべてでスペースを作ることができるようになって、より危険になりました」。

「ワールドカップの準決勝を前にプレッシャーがないわけはない。しかもオールブラックスとの対戦です。とにかくマインドセット、信念を持って戦います」と静かに闘志を燃やした。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ