人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2019年4月1日

終盤の逆転トライで決着。キックをゴールポストに当てる奇抜プレーも。スーパーラグビー2019「ジャガーズ×チーフス」

ラグビーレポート by 多羅 正崇
  • Line

反則を続けたジャガーズを自陣深くに追いやると、ゴール前でペナルティを獲得。チーフスはここで成功率が首位タイ(98パーセント)のスクラムを選択。

ここから攻撃を開始し、フォワードがフェイズを重ねたのち、最後はFBマッケンジーがスペースへアプローチし、難なくインゴールへ。ゴールも自身で決めてスコアは6-10に。

規律が不安定なジャガーズは、前半33分、ハイタックルの反則から自陣へ後退。

ここでチーフスはSOマッケンジーがゴールポストめがけてキック。

ポストカバーに当たったボールは手前に跳ね返り、これを捕球したCTBトゥムア・マヌが見事にトライ。

13人制ラグビーのNRL(ナショナルラグビーリーグ)でも、ポストカバーを利用した同様の奇抜プレーが見られる。チーフスがリードを11点(6-17)とし、前半を折り返した。

前半37分に反則の繰り返しでFLクレマ-がシンビン(10分間の一時退出)となっていたジャガーズ。後半3分にもPGを決められ、6-20という厳しい戦いに。

しかし司令塔の足技が冴えた。

後半6分、敵陣に入ったジャガーズはラインアウトモール。相手に反則が出ると、SOホアキン ディアス・ボニーラが大外へピンポイントのキックパス。

これをFBホアキン・トゥクレットがインゴールで捕球とほぼ同時にグラウンディングした。

2人の華麗な合わせ技でトライ(ゴール成功)を生み出すと、後半17分には、途中出場の代表主将パブロ・マテーラがビッグゲイン後の左サイドを攻略し、連続トライ。

コンバージョン成功で20-20となり、後半17分でスコアは振り出しとなった。

なんとか今季2勝目を挙げたいチーフスは、後半30分にPG追加で3点リード(20-23)。

ところがホームファンに勝利を届けたいジャガーズは、後半33分。

敵陣ゴール前でアドバンテージ状態からのキックパス、という今日1本目と似たパターンによる逆転トライが飛び出し、27-23と逆転に成功する。

残り約6分をしのげば勝利のジャガーズ。

ところが規律に問題を抱えるジャガーズは、キックオフ後のラックで、バインドせずに強烈なクリーンアウト。これがペナルティとなって一転ピンチに。

一度はインターセプトでマイボールにするが、キックチャージを受けて相手ボールスクラム。ここでチーフスがスクラムを優位に回し、広がった右スペースをエイトサイドで攻略。

オフロードパスを途中出場のSHテトイロア・ターフリオランギにつなげて、値千金の逆転トライ。

ジャガーズは重要局面での反則が大きな敗着となり、27-30で敗戦を迎えた。

ジャガーズは2勝4敗で南アフリカ・カンファレンス最下位。

一方、2勝目を挙げたチーフスは、戦績を2勝1分4敗としたが、NZカンファレンス最下位は変わらず。チーフスはこのまま上向いた調子を維持し、本拠地ワイカトの誇りであり続けたい。

多羅正崇

多羅 正崇

スポーツライター。法政二高-法政大学でラグビー部に所属し、大学1年時にはU19日本代表候補に選出される。法政大学大学院日本文学専攻卒。現在は「ラグビーリパブリック」「Number web」等に記事を寄稿。≫Twitterアカウント ≫noteアカウント

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ