人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2019年1月17日

ラグビーワールドカップイヤー、サンウルブズが千葉で始動!

ラグビーレポート by 斉藤 健仁
  • Line

サンウルブズ、始動!

1月14日(月・祝)、4シーズン目のサンウルブズが本格的に始動した。今年から練習場拠点は、成田、羽田の両空港に車で1時間と便がいい、千葉県市原市にある「市原スポレクパーク」に移った。

昨年、サンウルブズや日本代表で出場試合や出場時間が多かった選手は、早くても3月から合流の予定。今回、合宿に参加した選手は30名ほどで、そのうち当日から参加した日本人選手は10名だった。

ただ、開幕を1ヶ月後に控えて、今年から新指揮官に就任したトニー・ブラウンHC(ヘッドコーチ)は初日からいきなり3部練習を敢行した。

まず、青々としたグラウンドの横に市原市と協力して作ったプレハブのウェイト場でトレーニング。

そして、午前練習前の11時頃から、ブラウンHCをはじめとしたサンウルブズの関係者は、市原市の小出讓治市長らとともに、市原市のラグビーファンや市原ラグビースクールの子どもたち、サンウルブズファンの前で歓迎セレモニーに参加した。

2019年ワールドカップでは、アイルランド代表の公認キャンプ地に内定している市原市の小出市長は「この日が来ることを、今か今かと首を長くして待っていました。サンウルブズの皆さん、ようこそ市原市においでくださいました」。

挨拶する市原市の小出市長

「まさに市原市にとってラグビーイヤーがスタートします。市原市としては最高のおもてなしをして、最高のプレーができるように最大限の支援をします」と挨拶をした。

ブラウンHCは「たくさんの子どもたちに来ていただき、ありがとうございます。選手たちがみなさんを刺激して次のラグビー世代を作っていきます」。

そして、「今年から来年にかけて、市原市にこの場所を使わせていただき感謝しております。施設は素晴らしく、選手のパフォーマンスは向上すると思っています」とコメントした。

歓迎セレモニー後の記念撮影

その後、11時15分くらいから1時間ほど、まだ新しく入った選手が多いということもあり、アタック&ディフェンスでチームとしての動きの確認をした。

さらに、14時半から1時間半ほどの練習ではディフェンスの練習、さらに強度を上げてのアタック&ディフェンスを行い、1日目の練習が終了となった。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧