人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2018年12月19日

東海大学「シーゲイルズ」、悲願の初優勝を目指す。ラグビー大学選手権

ラグビーレポート by 斉藤 健仁
  • Line

昨シーズンは関東大学リーグ戦2位、大学選手権ベスト4だった「シーゲイルズ」こと、東海大学ラグビー部。

今シーズンのリーグ戦は、流通経済大学に引き分け(33-33)たものの、最終戦の大東文化大学に28-21で勝利。5勝1分で東海大は2年ぶり8度目の関東大学ラグビーリーグ戦王者となって大学選手権に駒を進めた。

そして、12月22日(土)大阪・キンチョウスタジアムで、昨年度準優勝の明治大学(関東大学対抗戦同率3位/4位扱い)と激突する。

東海大の今シーズンのスローガンは、昨年度同様「力必達」だが、リーグ戦優勝、大学日本一という目標を達成するために、小さなことを積み重ねることを「Marginal Gain」という言葉で表現し、大事にしてきた。

春季大会Aグループでは、東海大は苦しんでいた。ケガや教育実習などの理由で中軸選手がメンバー入りすることができず、1勝4敗で6校中、5位に沈んだ。

見事にV字回復してリーグ戦王者に輝いた

ただ、アグレッシブな司令塔SO(スタンドオフ)丸山凜太朗(東福岡出身)、豪快なランが魅力のWTB(ウィング)望月裕貴(東海大静岡翔洋出身)ら1年生が試合に出場して経験を積んだことは大きかったと言えよう。

ようやく夏合宿からメンバーが整い出して、チーム練習をすることができるようになった。

木村由李監督は「夏からそれなりの選手が戻ってきた。若いチームですし、経験値もないので伸び盛りです」と言ったとおりのV字回復を見せ、開幕から無敗(4勝1分)で最終戦を迎える。

モエアキオラ主将(右)と加藤副将(左)がチームを引っ張る

11月25日、優勝が決まる決戦は、昨年の王者で5連勝中と好調の大東文化大との対戦となった。

東海大はこの試合は、ほぼベストメンバーを組むことができ、木村監督が「ようやく役者が揃ったので、このくらいやってもらわないといけない」というように、試合序盤から高いパフォーマンスを発揮した。

FW(フォワード)は、17トライを挙げてトライ王に輝いた副キャプテンHO(フッカー)加藤竜聖、FWリーダーFL(フランカー)西川壮一、突破力のあるNO8(ナンバーエイト)テビタ・タタフと4年生が中軸を占める。

BK(バックス)は来年、チーフス入りが決定しているキャプテンCTBアタアタ・モエアキオラこそ4年生だが、SH(スクラムハーフ)山菅一史、インサイドCTB(センター)眞野泰地という身体を張る2人は3年。

1年生WTB望月、ベスト15にも選出

また、この試合がデビュー戦となったWTB(ウィング)杉山祐太が2年、SO丸山、WTB望月、FB(フルバック)酒井亮治(東海大相模出身)の3人がルーキーという若いメンバーだった。

大東文化大戦では、要所でNO8タタフ、CTBモエアキオラが活躍し、SO丸山のゲームコントロール、WTB杉山のキックも冴えて、最後はモールからHO加藤がトライを挙げて、前評判の高かった大東文化大を28-21で破った。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ