人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2018年12月14日

立命館、関西代表として昨季のリベンジを狙う。ラグビー大学選手権

ラグビーレポート by 立命スポーツ編集局
  • Line

ついに目標の全国ベスト8に向けて立命館大学が躍進を始める。11月24日から始まった第55回全国大学ラグビーフットボール選手権大会。今年も全国からリーグ戦や対抗戦を勝ち抜いた強者たちがしのぎを削る。

昨年、2季ぶり18回目の全国大学選手権の出場を決めた立命館は、初戦で関東大学対抗戦Aグループ3位の慶應義塾大学と対戦した。

しかし、この初戦で立命館は、12-101というスコアで完敗を喫した。中林監督はこの結果を振り返り、「関西代表として不甲斐ない結果。またこの舞台で借りを返すために帰ってくる」と述べていた。

そして今年、同志社大学、天理大学と2校に負けはしたが、関西強豪の一角・京都産業大学に勝利。弾みをつけ、関西リーグ2位として再び大学選手権の舞台へ戻ってきた。

そして運命の初戦、相手は今季勢いに乗る明治大学。今年の明治大は常勝・帝京大学を春、夏に続き秋のリーグ戦でも撃破した。

白と紺のユニフォームを身にまとう明治大は「重戦車」と呼ばれる伝統のFW(フォワード)に加え、FWとBK(バックス)の息のあったプレーにも注意しなければならない。

チーム力もさることながら個人の活躍も多く見られる。この個性の強いチームをまとめ、引っ張る主将、SH(スクラムハーフ)の福田健太(4年生・茗渓学園)のゲームメイクが試合の鍵になるだろう。

ランで敵陣に攻め込む平尾

対する立命館は、FL(フランカー)の古川聖人主将(済4・東福岡)を中心に「攻撃的なディフェンス」から流れを掴み、勝利を掴みたい。

古川は大学選手権出場に際して、「常に挑戦者としての気持ちを忘れずに、一戦一戦目の前の試合に集中する」と意気込む。

立命館の勝利の鍵はルーキーたちの活躍だ。「独特のテンポ感を持つ」と中林監督も太鼓判を押すSH(スクラムハーフ)平尾剛士(スポ1・東福岡)が試合をコントロール。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧