人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2018年11月20日

京都産業大学、関西学院に圧勝で大学選手権進出決定。ラグビー関西大学リーグ

ラグビーレポート by 京産大アスレチック
  • Line

勝てば2位以上が確定し、大学選手権出場が決定する一戦。試合前、アップをするメンバーの背中を押す仲間たちのひときわ大きな声がスタジアムに響く。

前節、立命館大学戦での敗戦を受け、選手たちはいろいろな想いを胸に1週間、ひたむきに己と戦い続けてきた。

京都産業大学のキックオフで14時、試合が開始。前半11分、ゴール前5mのマイボールラインアウトからモールを形成。

NO8(ナンバーエイト)フェインガ・ファカイ(3年=日本航空石川)が押さえトライ。初戦の同志社大学戦以来の先制点を奪った。FB(フルバック)栢本光(3年=天理)のゴール成功で7-0とする。

16分、相手のキックを前節より2年ぶりのスタメン復帰を果たしたSH貴島由良(3年=京都成章)が止め、反応したSO(スタンドオフ)山内凌雅(3年=関大北陽)が大きくゲイン。

パスを繋いでいき、受けたCTB(センター)田畑凌(4年=報徳学園)がディフェンスを素早く交わしトライを決めた。

2トライを挙げたWTB濱田将暉

23分には左サイドのラックからWTB(ウィング)濱田将暉(4年=京都成章)がパスを受け、ディフェンスを振り払い駆け抜けた。

追いつかれることなくトライを決めると、27分中央付近のラックからパスをつなぐと、テンポよくボールは濱田へ。ゴール右隅へ飛び込んだ。

36分、ゴール前左5mのスクラムからぐんぐん押し込みファカイが押さえてトライ、コンバージョン成功。これが33点目になる。

終了間際、関学大が自陣に攻め込むも、京産大ディフェンスが優勢。一体となった決死のアタックで隙を与えず、前半が終了した。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧