人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2018年11月2日

開幕3連勝の立命館、ライバルとの「立同戦」に挑む。ラグビー関西大学リーグ

ラグビーレポート by 立命スポーツ編集局
  • Line

開幕から3連勝で、4戦目の同志社戦を迎える立命館。快勝を重ね、関西の強豪、京都産業大学や天理大学、連勝を続け波に乗る関西学院大学との一戦に向けて弾みをつけたいところ。

11月4日(日)午後2時から長居ヤンマーフィールドで行われるAリーグ第4戦、立命館vs同志社の一戦。何かにつけて「立同戦」、「同立戦」と呼ばれる両校の戦いはリーグ戦の折り返し地点であり、大学選手権出場を目指す両者にとって負けられない一戦だ。

試合前校歌を歌う選手たち

ここまで3戦3敗と黒星が並ぶ同志社。しかし、同志社ラグビーは侮れない。3戦黒星を喫してなお、「下を向かずに」と前を向き、勝利にひたむきな姿勢が見られる。

昨年の立命館も開幕から3戦黒星の「崖っぷち」からスタートし、見事に大学選手権への切符を掴み取った。何が起こるかわからないリーグ戦で油断は禁物だ。

今年の同志社はタレント揃いのBK(バックス)と安定したFW(フォワード)のチームワークで勝利を狙う。昨年の大学選手権の初戦で対戦し、立命館が大敗した慶應義塾大学に勝利を収めるなど、彼らの強さは侮れない。

さらに初戦の京産大戦では、京産大の得意とするFWで引けを取らず、モールやスクラムなどで互角の戦いを見せた。

さらにこのFW陣が活躍するセットプレーも警戒する必要があるだろう。ミスを減らし、BKが走り、FWがチャンスを広げ、攻守が噛み合うと怖い相手だ。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ