人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2018年11月1日

「チームの日本一に貢献したい」。明治大学ラグビー部を支える男の夢

ラグビーレポート by 明大スポーツ新聞部
  • Line

22年ぶりの日本一に向けて突き進む明治大学。頂点を目指すのは選手だけではない。

主務、そしてアナリストとしてチームを支えている喜多川俵多(政経4=六甲)の志も同じだ。彼がなぜこの道を選んだのか。そして、彼の目指す日本一とは何なのか伺った。

――明治ラグビー部に入った理由を教えてください

マネージャーとして日本一を目指す

「高校では自分もラグビーをやっていました。その後、浪人をしたのですがその時もテレビでラグビーを見ていて、ラグビーをやりたい気持ちとラグビーが好きだという気持ちを改めて感じていました。

縁あって明治に進んでラグビーが強いことも分かっていたので、またラグビーに対する気持ちが湧いてきました。日本一を目指すチームで、選手でなくても貢献できるのではないかと思い入部しました。

ラグビーがもともと好きだったのでこういうレベルの高い人たちの練習を毎日見ているという環境が、中高生の自分からしたら考えられないことですし、うれしいことです。

ただ、最初はトップレベルの人たちに対して自分に何ができるのかという戸惑いがとても強かったです」

――4年間どのような仕事をされてきたのですか

「1、2年生まではずっと分析です。日々の練習を撮って自分のチームの研究と相手チームのスカウティングです。3年生からは主務という仕事もするようになってチームの運営、選手のスケジュールを考えています。

試合や遠征など、全てにおいて時間の1分1秒のズレが選手にストレスを与えてしまったりするかもしれません。なのでシミュレーションを行って、時間管理は当日の朝ごはんから細かいところまでミスがないように気をつけています。

どちらも選手のサポートがメインですが、選手が試合に100%で臨めることを常に意識してやっています」

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ