人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2018年10月22日

子どもたちを教えに、世界最強オールブラックスがやってきた!

ラグビーレポート by 斉藤 健仁
  • Line

ラグビー最強軍団「オールブラックス」の5選手が千葉・アークス浦安パークで子どもたちにラグビーを指導した。

10月20日(土)、27日にはオーストラリア代表と、11月3日に日本代表と対戦するために来日した「オールブラックス」こと、ニュージーランド代表5選手が、江東ラグビークラブの小中学生50人に、ラグビーを指導しながらいっしょに汗を流した。

自己紹介するレイナートブラウン

このイベントは1998年からオールブラックスのグローバルパートナーを務めるニュージーランド航空が主催したもの。

イベントに参加したのは、2年連続世界の「最優秀選手賞」に輝いている世界最高峰のSO(スタンドオフ)ボーデン・バレット(69キャップ)を筆頭に、CTB(センター)アントン・レイナートブラウン(30キャップ)、HO(フッカー)ネイサン・ハリス(18キャップ)、FL(フランカー)ヴァエア・フィフィタ(7キャップ)、SH(スクラムハーフ)テトイロア・タフリオランギ(1キャップ)の5人だった。

ハカを披露する子どもたち

まず、大きな拍手の中、オールブラックスを出迎えると、子どもたちは「この日のために練習した」というオールブラックスの試合前の戦いの踊り「ハカ」を豪快に披露、SOバレットは「感銘を受けました」とコメント。

「タラナキ出身のバレットです」など、5人が自己紹介した後、オールブラックスと子どもたちが4つのグループに分かれて、基本的なパス練習をしたり、5対5のタッチラグビーをしたり。

マネキンチャレンジにも挑戦

さらにはオールブラックスと子どもたちが一緒になって、キックオフのシーンやトライシーンの「マネキンチャレンジ」をしたりと、あっという間の1時間半だった。

子どもたちからの質問タイムでは、「なぜラグビーをはじめたか」と聞かれたSOバレットは「お父さんがやっていたから」。「ラグビー人生でもっとも嬉しかった瞬間は?」と質問されたSHタフリオランギは「初キャップのときにハカを踊ったとき」。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ