人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2018年10月15日

3試合ぶりにカーター復帰の神戸製鋼が快勝しプレーオフ進出決定。トップリーグ

ラグビーレポート by 斉藤 健仁
  • Line

29分、ラインアウトからボールを継続しSOカーターのノールックパスから、内側をフォローしたCTBクーパーとつないで、最後はSH日和佐が前半だけでハットトリックとなる3トライ目を決めて、SOカーターのゴールと合わせて7点を追加し、28-16。

さらにWTB井関に替わって前半20分から出場したWTB清水晶大が気を吐く。36 分は相手のキックをFB山中がキャッチしてゲイン、ブラインドサイドをSH日和佐、SOカーター、WTBフレイザー、最後は清水と繋ぎトライ。

38分はスクラムから攻撃を継続し、SH日和佐、SOカーター、FB山中、WTB清水と繋ぎトライ。結局、神戸製鋼が前半だけで6トライを挙げて42-16と大差をつけてハーフタイムを迎えた。

後半、なんとか巻き返したい豊田自動織機の粘りもあり、序盤は拮抗した攻防が続く。だが、後半も先に得点したのは神戸製鋼だった。

12分、自陣でのスクラムからボールを展開、SOカーターが抜け出し、そのままボールをつないでFB山中が2本目のトライ、SOカーターのゴールも決まり49-16としてほほ勝負を決めた。

それでも豊田自動織機は16分、敵陣ゴール前でFW、BK一丸となってボールを継続し、SHヒッキーからパスをうけたLO(ロック)ケイデン・ネヴィルがトライ。SHヒッキーのゴールも入り49-23とする。

しかし、21分、LOネヴィルが反則の繰り返しでシンビンとなり、豊田自動織機はこの試合2度目の素敵不利な状況に陥る。すると数的有利となった神戸製鋼はスクラムから23分にNO8中島がトライ。

27分にはスクラムからブラインドサイドを突いたSOイーリ ニコラスからWTB清水へとわたり、清水がハットトリックとなる3トライ目を挙げて、59-23と大きく引き離した。

大差が付いた試合の終盤、豊田自動織機が2トライを挙げて59-37と意地を見せる。しかし、試合終了間際の39分、神戸製鋼は敵陣ゴール前でのラインアウトからモールで押し込み、アドバンテージを得る。

そして、SOの位置に入っていたWTB清水のキックパスを右サイドでWTBフレイザーが190cmの長身を活かしてキャッチしトライ。FB山中のゴールも決まり、66-37としたところでノーサイドを迎えた。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ