人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2018年10月15日

3試合ぶりにカーター復帰の神戸製鋼が快勝しプレーオフ進出決定。トップリーグ

ラグビーレポート by 斉藤 健仁
  • Line

日和佐、清水と神戸製鋼の2人がハットトリックを達成したが、MOM(マン・オブ・ザ・マッチ)には80分間、15番としてアタックで冴えを見せ続けて2トライも挙げたFB山中が選出された。

前節に引き続いて、攻撃陣が爆発し10トライを挙げた神戸製鋼が5勝1分けの勝ち点25とし、レッドカンファレンスでの首位をキープし、同カンファレンス3位以内が確定、上位トーナメント進出を決めた。

敗戦し、勝ち点も挙げられなかった豊田自動織機は3勝3敗の勝ち点12となり、のレッドカンファレンスで6位に後退してしまった。

だが、4位のNECグリーンロケッツと5位のNTTシャイニングアークスとの勝ち点差は2で、まだ決勝トーナメント進出の望みは消えていない。来週の最終節にすべてをかける。

レッドカンファレンス1位でリーグ戦を通過したい神戸製鋼は、10月20日(土)の最終節は10月20日(土)、地元の神戸・ノエビアスタジアムで、同カンファレンスで4位争いをしているNECグリーンロケッツと戦う。

一方の豊田自動織機は、同日、愛知・パロマ瑞穂ラグビー場で同・カンファレンス2位のトヨタ自動車ヴェルブリッツと対戦する。

斉藤健仁

斉藤 健仁

スポーツライター。1975年生まれ、千葉県柏市育ち。ラグビーと欧州サッカーを中心に取材・執筆。エディー・ジャパン全試合を現地で取材!ラグビー専門WEBマガジン「Rugby Japan 365」「高校生スポーツ」の記者も務める。学生時代に水泳、サッカー、テニス、ラグビー、スカッシュを経験。「エディー・ジョーンズ 4年間の軌跡」(ベースボール・マガジン社)、「ラグビー日本代表1301日間の回顧録」(カンゼン)など著書多数。≫Twitterアカウント

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ