人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

モーター スポーツ コラム 2024年3月26日

日産など多くの自動車メーカーが参戦する「フォーミュラE」! 彼らがチャレンジする理由とは?

モータースポーツコラム by 辻野 ヒロシ
  • Line

そんな中でアリア、リーフ、サクラなどのEVラインナップがあり、国内メーカーの中で最もEVに力を入れているメーカーである日産自動車=「ニッサン」はどうなのかというところですが、近年はフォーミュラEのレースで苦戦気味でした。「ニッサン」のプロジェクトの源流は「ルノー」としての参戦にあり、「ニッサン」ブランドへのバッヂ変更をおこなったのは2018-19シーズンから。ルノーの活動を引き継いだ状態だったのですが、昨シーズンからは完全な日産のチーム「Nissan Formula E Team」として参戦しています。

ニッサンのオリバー・ローランド (左)とサッシャ・フェネストラズ(右)

ニッサンのオリバー・ローランド (左)とサッシャ・フェネストラズ(右)

そんな体制の変化もあり、今シーズンはいよいよその改革を結果に結びつけないといけない年です。しかし、優勝からは3シーズン遠ざかっており、今年の目標はまず1勝。「ニッサン」の最後の優勝となった2020年のドライバー、オリバー・ロウランドを今年再雇用しましたが、これがドンピシャの当たり。ロウランドは持ち前の速さとこのシリーズでの長い経験を活かし、今季は4戦中3戦で3位表彰台に乗り、勢いをつけた状態で東京へやってくることになりました。東京では「ニッサン」にとって4年ぶりの優勝が見られるかもしれませんし、そうなれば、日本国内での「フォーミュラE」の注目度はかなり上がると思います。

また、チームとしてはスーパーカーメーカーとしても地位を確立した「マクラーレン」がニッサンのパワートレインを使用して参戦。2021年までアウディのワークスチームだったアプトは同じフォルクスワーゲングループのスペインメーカー、セアトのスポーツブランド「クプラ」の名前を冠して「アプト・クプラ」として参戦しています。

自動車メーカーがこうして「フォーミュラE」に参戦するのはまず自社のEV技術に活かしたいという開発的理由、自社のEVをプロモーションしたいという思惑があるでしょう。「フォーミュラE」は世界選手権レースの格式に昇格していますし、中南米、中東、アジア、ヨーロッパと世界各エリアを転戦する全10ラウンド(16レース)のグローバルなシリーズです。10年目を迎え、YouTubeチャンネルの登録者数はル・マン24時間レースをシリーズに持つFIA WECを上回っています。

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

人気ランキング(オンデマンド番組)

J SPORTSで
モーター スポーツを応援しよう!

モーター スポーツの放送・配信ページへ