人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

モーター スポーツ コラム 2019年5月23日

【フォーミュラE第10戦・ベルリン】残り4レース!王者争いに非常に重要な空港バトル!

モータースポーツコラム by 辻野 ヒロシ
  • Line

放送情報

大いに盛り上がっている電気自動車「FIAフォーミュラE選手権」も残すところあと3ラウンド、4レース。シーズン5(2018年〜19年)の第10戦はドイツ、ベルリンのテンペルホーフ空港(約2.3km)で開催されます。今回も「J SPORTS」では5月25日(土)に行われる予選、決勝の模様を生放送でお送りします。

さて、ついに今季初の複数回優勝ドライバーが現れました。これまで8人の異なるウイナーが誕生するという「フォーミュラE」史上に残る大混戦のシーズンになっていましたが、第9戦モナコは昨年のチャンピオン、ジャン・エリック・ベルニュ(DSテチータ)が今季2勝目を達成。シーズン前半はノーポイントのレースが続き、チャンピオン争いからは完全に脱落したかに思えたベルニュがなんとシリーズランキング首位に躍り出ました。

モナコではルーキーのオリバー・ロウランド(日産)が今季2度目の2位表彰台を獲得。またも日産は優勝できませんでしたが、ロウランドはランキング8位まで上昇し、ポイント差を考えると年間ランキングでトップ5に入れそうなところまでやってきました。なかなかオーバーテイクが難しかったモナコで、パスカル・ウェーレイン(マヒンドラ)のミスを誘い出し、ポジションをあげることに成功したロウランド。今季のルーキーの中で最も活躍しているドライバーはロウランドと言えます。さて、今回のベルリンでは待望の初優勝を手にできるでしょうか。

ベルリンのコースは昔の空港を使ったサーキットで、滑走路ではなく、かつて旅客機が駐機していた敷地に作られたコースになります。他の市街地サーキットに比べるとコース幅は広い方なのでコーナリングしながらのブレーキング勝負でバトルも多いレイアウト。そういう意味では接戦の「フォーミュラE」では今季から導入された「アタックモード」をうまく使い、バトルの局面で勝負強さを見せられるドライバーがチャンピオン争いを牽引することになりそうですね。

ランキングを見てみましょう。ランキング首位は今季2勝のジャン・エリック・ベルニュ(DSテチータ)=87点。僅か1点差で2位につけるのは、ベルニュのチームメイトであるアンドレ・ロッテラー(DSテチータ)=86点で、DSテチータはこれでランキング1−2。チームチャンピオンシップではもちろん首位となっています。

ランキング3位は前戦までランキング首位だったロビン・フラインス(ヴァージン)=81点。4位にアントニオ・フェリックス・ダ・コスタ(BMW)=70点、5位にルーカス・ディグラッシ(アウディ)=70点、6位にミッチ・エバンス(ジャガー)=69点、7位にジェローム・ダンブロージオ(マヒンドラ)=65点、8位にオリバー・ロウランド(日産)=59点と中段あたりはポイント差もかなり接近状態。フラインス、ダ・コスタ、ディグラッシがモナコで無得点に終わったことで、トップ2の「DSテチータ」の2人は残り4戦のチャンピオンシップをやや有利に戦える状況になってきました。

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧