人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

サッカー フットサル コラム 2023年5月18日

FIFA U-20 ワールドカップ アルゼンチン 2023|U-20 日本代表 熊田直紀選手インタビュー

土屋雅史コラム by 土屋 雅史
  • Line

 

5月20日に開幕を迎えるFIFA U-20 ワールドカップ アルゼンチン 2023。厳しいアジアの予選を勝ち抜き、ワールドカップへの切符を手繰り寄せたU-20日本代表は、明確に世界一を目指してアルゼンチンへ乗り込んでいる。そんなチームでゴールを奪い続けているストライカー、熊田直紀選手が大会へ向けて今の想いを語る。

――大会のメンバーに選ばれた今の気持ちはいかがですか?
「特別な想いというのはそこまでないですけど、所属チーム(FC東京)であまり結果を出せていない状況の中で選んでいただいたのは嬉しいなと思います」

――かなり周囲から祝福されたんじゃないですか?
「いつも通りですね。そんな特別なことではないと思います」

――ご家族は喜んでくれたんじゃないですか?
「たぶん喜んでくれているんじゃないかなと思います」

――アジア予選(アジアカップ)を突破できたことに対して、自分が貢献した手応えはいかがですか?
「得点で言ったら、得点王で帰ってこられて、結果だけ見ればいいかなと思うんですけど、やっぱりアジア1位で帰ってくることができなかったという部分はありますし、チームとしてアジア1位を目指していたので、最後に勝てなかったのはみんなの責任でもありますし、前線の自分の責任でもあるのかなと思っています」

――2ゴールを決めた初戦の中国戦で、大会全体の自分の勢いが付いたイメージもありましたか?
「いや、そういうわけではないですけど、常にどんな結果を出しても、どんな状況でも、自分の中で謙虚にやるということは決めているので、あの試合で何かが変わったというのはあまりないかなと思います」

――大会得点王と通算で5ゴールという結果自体に関してはいかがですか?
「全然こだわりはないですね。凄いとは思わないですし、自分の中ではもっと決められたと思うので、本大会ではもっと活躍できるように頑張りたいです」

――そのスタンスは昔から全然変わっていないですね。
「常に満足することはないですから」

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
サッカー フットサルを応援しよう!

サッカー フットサルの放送・配信ページへ