人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

サッカー フットサル コラム 2022年6月28日

チームの圧倒的熱源。青森山田高校・三橋春希が体現する「山田のやるべきこと」 【高円宮杯プレミアリーグEAST 横浜F・マリノスユース×青森山田高校マッチレビュー】

土屋雅史コラム by 土屋 雅史
  • Line

三橋春希(青森山田高校)

もちろん試合に出たくないはずがない。自分がディフェンスリーダーだという矜持だって、ずっと持ち続けてきた。でも、それ以上にやるべきことがあることもわかっている。このチームで、この仲間と、一緒に戦うのであれば。

「やるべきことをやったら必ずチャンスは巡ってくるって自分は信じているので、いかに腐らないでやれるかが、今の自分にとって一番やるべきことなのかなって。この壁をどう乗り越えられたかで、次にスタメンで出られた時の貢献度が違うと思うので、今はひたむきに頑張ることだけを考えています」。

青森山田高校の圧倒的な熱源であり続けるムードメーカー。三橋春希は何よりもまず『山田のやるべきこと』を考え、明日の自分を信じ、前だけを見据えて日々のトレーニングと向き合っている。

既に試合に出る前から、“1枚目”をもらっていた。「いやあ、喜び過ぎましたね(笑)。メッチャ嬉しかったんで」と振り返ったのは、小湊絆がチームの2点目を決めた直後のこと。アップエリアから誰よりも先に、ゴールを挙げたばかりのストライカーを祝福しに走ったが、勢い余ってピッチの中に入ってしまう。そんな三橋を主審は見逃さず、イエローカードを提示する。

あの時も、そうだった。インターハイ県予選決勝。同じくベンチスタートだった奈良岡健心が、後半のアディショナルタイムにダメ押しゴールを決めると、やはり全速力でスコアラーの元へ駆け寄っていった。「健心もスタメンを外れて、自分と同じ想いを抱えていたので、決めた時は自分が一番先に駆け寄ろうかなって。チームの得点を一番自分が喜ぼうと思っていました」。この日も一緒だ。小湊もプレミアリーグでは実に開幕戦以来のゴール。苦しむ姿を見てきただけに、気付けば走り出していた。つまりは、そういう男なのだ。

アップエリアの三橋に、正木昌宣コーチから声が掛かる。2点をリードした状況で、送り出されたのは本職ではないボランチ。「試合に出る時に正木さんから『絶対にイエローもらうな』って言われました(笑)」。“1枚目”を背負いながら、チームメイトへ注ぐ大声とともに、4番がピッチの中へ飛び出していく。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
サッカー フットサルを応援しよう!

サッカー フットサルの放送・配信ページへ