人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

サッカー フットサル コラム 2022年6月3日

蒔かれ始めた“本気”の種。セレッソ大阪U-18・島岡健太監督の仕掛けと情熱 【高円宮杯プレミアリーグWEST セレッソ大阪U-18×サガン鳥栖U-18マッチレビュー】

土屋雅史コラム by 土屋 雅史
  • Line

その日。島岡健太監督は、初めてこのフレーズを使ったのだという。

「『“本気”って何や?』というところで、結局それって自分自身のものなので、誰かに見てもらおうという時点で自分のものじゃないし、『自分がどうなりたいか』『自分の望みがどこにあるか』ということなんです。そこの“本気”がプレーだけじゃなくて、日常の中にもどれぐらい溢れているかという部分で、『ちょっとオレは足りんような気がしている』という話をしました」。

なりたい自分のイメージを描き、それを綺麗に、美しく花開かせるための“本気”の種が今、セレッソ大阪U-18に蒔かれ始めている。

J SPORTS オンデマンド番組情報

それはサガン鳥栖U-18に勝利を収めた、試合後のインタビューだった。キャプテンの川合陽が、こう明かす。「さっきのミーティングで島岡監督に“本気”という話をされたんです。そこで“本気”とは何かを考えました。僕たちはバルセロナやパリ・サンジェルマンの映像を見ていて、もちろんそういう世界を目指しているつもりだったんですけど、自分の思っていた“本気”はちょっと違ったのかなと感じました」。

川合の言葉を島岡監督にぶつけると、笑いながらこんな答えが返ってきた。「いろいろな布石が今日までにいっぱいあって、毎回言っていたり、言っていることは変わらなくても、彼らの中にいつ入るのかは考えていたので、今日みたいに勝ったゲームのあとというこのタイミングがいいかなって。凄いタイミングの日に来てもらいましたね(笑)」。

確かに試合が終わってしばらくすると、全選手がグラウンドに座り、島岡監督が彼らの前で短くない時間を使って、何かを語り掛けている様子には気付いていた。世界を見据え、世界を基準に置いてはいるものの、まずフォーカスすべきは自分のベクトルが自分自身に向いているか否か。そこにブレが生じているように感じたからこそ、島岡監督はこの日、“本気”というキーワードのカードを切ったのではないか。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
サッカー フットサルを応援しよう!

サッカー フットサルの放送・配信ページへ