人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

サッカー フットサル コラム 2022年4月20日

強かったころのユナイテッドはプライドを持って闘っていた

粕谷秀樹のOWN GOAL,FINE GOAL by 粕谷 秀樹
  • Line

ベッカムの背中に乗りゴールを喜ぶロイ・キーン

戦略・戦術、運動量、実行力。もう、なにもかも違いすぎる。そして、物事を成し遂げる際に必要不可欠な強い意志。マンチェスター・ユナイテッドはまたしても、リヴァプールとの大きすぎる差に愕然とした。

基本陣形は5-4-1。低く構え、失点のリスクを抑えるプランだった。しかし、リヴァプールが誇るアンディ・ロバートソン、トレント・アレクサンダー=アーノルドの大外アタックを封じる術がない。

チアゴ・アルカンタラとファビーニョに対するマークも緩く、なおかつ動き出しでつねに後れを取るため、あちらこちらでズレが生じる。まるで大人と子ども。アンフィールドで観戦するサー・アレックス・ファーガソンの表情が強張り、ケニー・ダルグリッシュは微笑んでいる。

キャプテンのハリー・マグワイアは劣勢のチームを鼓舞する素振りすら見せず、最終盤に投入されたハンニバル・メイブリが危険なファウルを繰り返しても、「落ち着け」と諭したのはサディオ・マネだった。

エディンソン・カバーニとフレッジ、ルーク・ショーを負傷で欠いていた。家族に不幸があったため、クリスチャーノ・ロナウドはベンチから外れていた。たしかにユナイテッドはベストメンバーではなかった。いや、彼らが健在でも勝てなかっただろう。リヴァプールとのレベル格差は歴然としており、一朝一夕にして詰められる距離ではない。

なにしろ、昨年10月の0-5に続き、今回は0-4の屈辱だ。トップリーグでは68勝50分60敗と、通算成績ではユナイテッドが若干リードしているとはいえ、2試合合計0-9のダブルは過去に一度もない。いわゆるワーストだ。

また、2017-18シーズンにホームで2-0の勝利を飾った後、対リヴァプール戦は0勝3分5敗。苦手意識も芽生えているに違いない。

『sky sports』で解説していたロイ・キーンも、古巣の現状を憂えていた。

「リーダーがいない。クオリティも不足している。選手だけではなく、上層部も混乱している。新しい監督と、よりランクの高い選手が必要だ」

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
サッカー フットサルを応援しよう!

サッカー フットサルの放送・配信ページへ