人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

サッカー フットサル コラム 2022年3月16日

GKは大きく蹴らずショートパスで繋ぐべき?マジョルカ対レアル・マドリー戦を受けての考察

木村浩嗣コラム by 木村浩嗣
  • Line

マジョルカがバックパスからGK、CB、セントラルMFへと繋いだのは間違っていなかった。正面にマフェオがサイドに開いてパスを待っており、彼にはマークがついていなかった。ビニシウスの背後は常に守備の空白地帯なのだ。マフェオにボールが渡っていればレアル・マドリーは後退するしかなかったはずだ。

グアルディオラを真似しようとしてボール出しに失敗し失点が増えているのは事実だろう。プロレベルでもアマチュアレベルでも。私も少年チームの監督時代に痛い失点を何度もしたし、逆に、ボール出しにプレスをかけ得点したことも何度もある。が、だからと言って、ボール出しを止めようとは思わなかった。失敗は成功の元であるし、ミスは修正すればよい。

最終的にはボール出しのメリットはデメリットよりもはるかに大きい、と思っている。

グアルディオラがもたらしたものは害よりも利益の方がはるかに大きいのは、マンチェスター・シティの成績とプレー内容を見ていればわかる。

最後に、この試合の久保について書いておこう。

マジョルカのMVPは両SBで、久保は彼らに次ぐ出来だった。このところの好パフォーマンスを維持しており、イ・カンインのレベルが上がってこないこともあってルイス・ガルシア監督に先発から外す、という選択肢はない。相変わらずファウルあるいはファウルに近いプレーでしか止められない状態だ。

ただ、両SBが良いセンタリングを上げる度に久保へボールが渡る機会が減っている、とも言える。対角線侵入やシュートがあまり見られなくなった。前にも書いたが、ムリキが攻撃の中心になったことの弊害だ。

久保を見ながら、もしレアル・マドリーに来季呼び戻されたら、どうなるか?と夢想した。

右FWとしてはロドリゴの控えだろうが、アセンシオよりは優先順位が高くなるのではないか? ボールを強く正確に叩く能力、シュート力は圧倒的に劣るが、プレーへの介入回数と介入度合では上ではないか? アセンシオはチームのプレーにアクセントが付けられないが、久保は付けられる。それがどの程度、チームのパフォーマンスをアップさせるかどうかはわからないが。まだ、ちょっと気が早いが、トップチームに同行するはずの夏のプレシーズンマッチで、どこまで通用するか通用しないのかを見てみたい。

文:木村浩嗣

木村浩嗣

編集者、コピーライターを経て94年からスペインへ。2006年に帰国し『footballista フットボリスタ』編集長に就任。08年からスペインに拠点を移し特派員兼編集長に。15年編集長を辞し指導を再開。スペインサッカーを追いつつセビージャ市王者となった少年チームを率いた。現在はグラナダ在住で映画評の執筆も。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
サッカー フットサルを応援しよう!

サッカー フットサルの放送・配信ページへ