人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

サッカー フットサル コラム 2022年2月9日

ユナイテッドDF陣が得点に関与していない絶望的なデータ

粕谷秀樹のOWN GOAL,FINE GOAL by 粕谷 秀樹
  • Line
マグワイア

マグワイア

今シーズンも無冠で終わる公算が大きくなってきた。現地時間2月4日に行われたミドルズブラとのFAカップ4回戦で、マンチェスター・ユナイテッドはPK戦の末に敗れている。

この一戦で4-3-3を採用したように、ラルフ・ラングニック暫定監督が好む4-2-2-2は、選手のタイプに適合しなかった。

また、メイソン・グリーンウッドは重大な罪を犯し(報道されているとおりだとしたら一生をかけて償うしかない)、来シーズンの監督が決定していないため、冬の市場では大胆に動けなかった。スイスに拠点を置く調査機関の『CIES』によると、この10年間の移籍市場で10億7500万ユーロ(約1420億円)もの赤字を計上しているという。

嫌なニュースばかり舞い込んでくる。

さらに、ユナイテッドの不振を物語る絶望的なデータまでが存在した。

DFラインはルーク・ショーとヴィクトル・リンデレフが2アシスト、ラファエル・ヴァランとアレックス・テレスが1アシストを記録したにすぎない。プレミアリーグの闘いで、そのほかの選手はゴールにからめず苦しんでいる。

リヴァプールはトレント=アレクサンダー・アーノルドがリーグ最多の10アスシスト(2得点)、アンディ・ロバートソンも3位の8アシスト(1得点)。両サイドバックは総得点の36・21%に関与する大活躍だ。

チェルシーだって物凄い。

リーズ・ジェイムズ:4得点/5アシスト
ベン・チルウェル::3得点/1アシスト
マルコス・アロンソ:1得点/2アシスト
チアゴ・シウヴァ:3得点
トレヴォ・チャロバー:2得点
アントニオ・リュディガー:2得点
アンドレアス・クリステンセン:2得点
セサル・アスピリクエタ:2アシスト

DFラインだけで17得点/10アシスト。プレミアリーグにおけるチェルシーの総得点は48。貢献の割合は56・25%にも及んでいた。

やはり、数字は嘘をつかないということか。監督がオーレ・グンナー・スールシャールからラングニックに代わっても、ユナイテッドは攻守の一体感に欠け、攻撃はクリスチャーノ・ロナウドとブルーノ・フェルナンデス、守備はダビド・デ・ヘアとヴァランに負うところが大きい。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
サッカー フットサルを応援しよう!

サッカー フットサルの放送・配信ページへ