人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

サッカー フットサル コラム 2021年11月28日

Jリーグ入りを目指す地域クラブ王者の戦い。選手層が勝敗を左右するのは過密スケジュールの弊害

後藤健生コラム by 後藤 健生
  • Line
J SPORTS

J SPORTS

「全国地域サッカーチャンピオンズリーグ2021 決勝ラウンド」という名称の大会が、現在、東京の味の素フィールド西が丘で開催されている。

北海道、東北、関東など全国9地域にある地域サッカーリーグ(第1種、つまり年齢制限のないチームによるリーグ戦)の優勝チームが集まって全国チャンピオンを決めるための大会であり、この大会の上位2チームは日本フットボールリーグ(JFL)の下位チームとの入れ替え戦を行い、それに勝利すれば、来年度からJFLでプレーすることができるのだ。

JFLはアマチュア最高の全国リーグであり、Jリーグの準会員資格を取得したうえでJFLの4位以内に入るとJ3リーグ加盟が認められる。

つまり、将来Jリーグ入りを目指しているクラブにとっては、全国地域チャンピオンズリーグは非常に重要な大会であり、また同時に非常に突破が難しいな大会なのだ。

JFLに入りさえすれば、J3リーグ入りは十分に視野に入ってくる。たとえば、FCいわき(福島県)は、2019年の全国地域チャンピオンズリーグで優勝してJFL入り。そして、2021年のJFLでは現在首位を走っており、すでに来シーズンからのJ3入りが決定している。

だが、逆にJFL入りが何年も実現しないと、地域での盛り上がりも欠けることになり、Jリーグ入りという熱意が冷めてしまう。いつまでも地域リーグでくすぶっていれば、新規スポンサーの開発もままならなくなってしまうだろう。

だから、Jリーグ入りを狙うクラブにとっては、大変重要な関門なのである。

しかも、大会のレギュレーションは複雑で、力があれば勝ち抜けるというものでもない。

各地域リーグは原則としてはホーム&アウェー方式の総当たりリーグ戦なので、実力さえあれば確実に勝ち抜くことができるが、「地域チャンピオンズリーグ」はそうはいかないのだ。勝ち抜くにはかなりの運が必要になる。

参加する12のクラブは、まず4チームずつ3つのグループに分かれて第1次ラウンドの1回戦総当たりを行い、各グループの首位チームと、3位チームの中で最高の成績を残した1チームの合計4チームが決勝ラウンドに臨み、そして再び1回戦総当たりを行って1〜4位を決めるのだ。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
サッカー フットサルを応援しよう!

サッカー フットサルの放送・配信ページへ