人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

サッカー フットサル コラム 2021年9月10日

韓国との対決となるACLラウンド16。日韓トップ対決に挑む川崎は復調できるか?

後藤健生コラム by 後藤 健生
  • Line
J SPORTS

J SPORTS

日本代表の9月シリーズが終わった。

オマーンとの初戦に敗れた日本は、2戦目の中国戦ではコンディションも戻り、そこそこの内容の試合ができた。中国が「意味不明」なほど守備的に守ってきたこともあってなかなか1点が取れずに苦しんだが、内容的には危なげない勝利ではあった。

10月は強敵サウジアラビア、オーストラリアとの連戦になるが、次回は初戦がサウジアラビア戦でアウェーとなる。会場に予定されているジッダまではロンドンからでも飛行時間は6時間。中部欧州時間(夏時間)との時差はわずか1時間だ。つまり、日本まで帰るよりずっと楽な移動になるのだ。そして、サウジアラビア戦後に日本に向かう。9月の日本→カタールという移動に比べれば、海外組にとっては移動の負担は小さいはずである。

しかも、10月になればヨーロッパのクラブに所属する選手たちも試合を重ねており、9月よりはずっと良いコンディションでゲームに入ることができる。

さて、代表ウィークが明けたかと思ったら、来週のミッドウィーク(9月14日、15日)にはAFCチャンピオンズリーグ(ACL)のラウンド16という別の厳しい戦いが待っている。

今シーズンのACLは、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で変則日程となり、グループステージは集中開催となり、決勝トーナメントからはホーム&アウェーではなく、すべて一発勝負の戦いとなる。

グループステージではオーストラリアのクラブが棄権し、中国が二軍を送り込んできたため、どのグループも日本と韓国の一騎討ちとなった。そして、川崎フロンターレ、名古屋グランパス、セレッソ大阪の3チームが各グループ首位で通過したものの、不調にあえいでいるガンバ大阪はラウンド16進出を逃してしまい、東地区でラウンド16に進んだのは韓国が4クラブ、日本が3クラブ、そしてタイが1クラブという結果となった。

グループステージ突破に成功した日本の3つのクラブは、いずれもラウンド16では韓国チームと対戦する。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
サッカー フットサルを応援しよう!

サッカー フットサルの放送・配信ページへ