人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

サッカー フットサル コラム 2021年9月1日

マルディーニやネスタは美しささえ感じられる守りを見せた

粕谷秀樹のOWN GOAL,FINE GOAL by 粕谷 秀樹
  • Line
マルディーニ

マルディーニ

【1】リオネル・メッシ(バルセロナ)1・40倍
【2】ジョルジーニョ(チェルシー)7・00倍
【3】ロベルト・レヴァンドフスキ(バイエルン・ミュンヘン)8・00倍
【4】ケヴィン・デブライネ(マンチェスター・シティ)13・00倍
   エンゴロ・カンテ(チェルシー)
【6】クリスチャーノ・ロナウド(ユヴェントス)17・00倍
   ハリー・ケイン(トッテナム)
【8】ラヒム・スターリング(マンチェスター・シティ)26・00倍
【9】キリアン・エムバペ(パリ・サンジェルマン)34・00倍
   ネイマール(パリ・サンジェルマン)
※所属クラブは2020-21シーズンのもの

英国の衛星放送局『sky sports』による2021年バロンドールのオッズだ。

うなずけるはずがない。メッシが不世出のスーパースターで、長い間フットボール界のトップに君臨してきたことは認めるが、今回も大本命とは大きな疑問符がつく。アルゼンチン代表を南米王座に導いたとはいえ、ラ・リーガは3位、チャンピオンズリーグではラウンド16で姿を消している。

あくまでも私見だが、本命はルベン・ディアス(マンチェスター・シティ)、対抗はジョルジーニョである。

プレミアリーグ初年度ながら、R・ディアスはシティDF陣の軸として大奮闘。安定した一対一、的確なポジショニング、精度の高いフィードなどで、ジョゼップ・グアルディオラ監督の高度な要求を完ぺきにこなした。ポルトガル代表として出場したEURO20ではやや精彩を欠いたとはいえ、20-21シーズンのパフォーマンスで彼を上まわる者はいない。

監督交代で混迷に喘ぐ20-21シーズンのチェルシーがCL優勝までたどり着けたのは、ジョルジーニョの洞察力と献身的な姿勢があったればこそ、だ。

メッシのような得点・アシストの記録こそないが、R・ディアスとジョルジーニョはより高く評価されてしかるべきだ。

そしてGKとDFがトップ10にひとりも入っていない。予想に目くじらを立てる必要はないが、守備者の軽視はフットボール界の由々しき問題である。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
サッカー フットサルを応援しよう!

サッカー フットサルの放送・配信ページへ