人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

サッカー フットサル コラム 2020年12月27日

フロンターレからMVPが選出されない違和感。本当のMVPはリーグ戦を無事に終了させたすべての関係者に!

後藤健生コラム by 後藤 健生
  • Line

先日、Jリーグが2020年シーズンの各賞の受賞者を発表した。

2020年シーズンは新型コロナウイルス感染症の拡大によって長い中断があり、再開後は超過密日程となり、それに伴って“降格”がなくなったり、5人交代制が実施されたり、また各試合で飲水タイムを設けたりと様々な意味で変則的なリーグとなった。

そして、各賞受賞者もベストイレブンのうち9名を川崎フロンターレの選手が占めるという、これまた例年にはない驚くべき結果となった。GKのチョン・ソンリョンをはじめ、DF4人とMF4人はすべて川崎。ツートップだけが鹿島アントラーズのエヴェラウドと柏レイソルのマイケル・オルンガとなったのだ。

年間の勝点や得点数などの記録を塗り替え、4試合を残して優勝を決めた川崎の圧勝に終わったシーズンなので、こうした選出も当然と言えば当然かもしれない。それほど、今シーズンは川崎が傑出していたということだ。

そこで、ちょっと違和感を覚えたのは、「それなのに」最優秀選手賞(MVP)にはオルンガが選ばれたという事実だった。柏レイソルは7位に終わった。7位のクラブからMVPというのにはちょっと違和感を覚えるのだ。

もちろん、MVPというのは個人賞だから、最下位チームから選ばれても問題はない。オルンガは得点王に輝いたし、それも32試合で28得点を奪うという圧倒的な破壊力だった。しかも、単にエゴイスティックに自らがゴールを決めるだけでなく、必要な場合にはしっかり味方を生かしてプレーもできるし、速さや強さだけではなく、技術の高さや戦術的な柔軟性も持ち合わせている。

だから、MVP選出も理解できることだ。しかし、MVPはやはり圧倒的な成績で優勝を勝ち取り、実際にベストイレブンのうち9人を占めた川崎から選ばれて然るべきではなかったかという気もするのである(オルンガおよび柏のファンの皆さん、申し訳ない)。

オルンガがMVPに選出された理由の一つは「では、川崎からMVPを選ぶことにするとして、誰を選ぶのか」という難問が存在したからなのではないか。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
サッカー フットサルを応援しよう!

サッカー フットサルの放送・配信ページへ