人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

サッカー フットサル コラム 2020年8月5日

育成の名門東京ヴェルディ。新たな有望株がMFの藤田譲瑠チマ

後藤健生コラム by 後藤 健生
  • Line

今シーズンは、横浜FCがJ1に昇格したので神奈川県内にJ1クラブが4つも存在することになった。新型コロナウイルスの感染拡大を防止するためには、移動をなるべく少なくする必要があるので好都合なのかもしれないが……。

その結果、東京近辺のJ2クラブが減ってしまった。また、コロナウイルスの問題で遠距離移動が憚られるような雰囲気もあるので、J2の開催日には自宅から最も近い味の素スタジアムに通って東京ヴェルディの試合を観戦することが多い。

その東京V、第8節を終了した時点で2勝4分2敗と引き分けが多いのであまり勝点を伸ばすことができず、順位表の上では13位とやや低迷している。

しかし、実際に東京Vの試合を見ると、永井秀樹監督の東京Vはしっかりとボールを保持して、ピッチを広く使って攻撃的なサッカーを展開している。完全な負けゲームは大宮アルディージャとのアウェー戦だけだった。

第8節では、前節まで5位と好調のアルビレックス新潟と対戦したが、まさに互角の見ごたえある攻め合いを展開した。シュート数では10対5で新潟の方が上回ったが、ゴール前の決定機では東京Vの方が多かった。

とくに、前半の立ち上がりには右の若狭大志からのアーリークロスに左から走り込んだ井上潮音が合わせた場面(11分、手前にいた端戸仁がオフサイドで旗が上がったが、後方から走り込んだ井上はオンサイドだったという微妙な判定でノーゴール)や右サイドを深くえぐった端戸のマイナスのクロスを若狭がフリーで狙った16分の場面など何度か惜しい場面を作っていた。

そして、79分には右CKにDFリーダーの高橋祥平が頭で合わせて先制した東京Vだったが、追加タイムにロングスローからのこぼれ球を決められて、またも引き分けに持ち込まれてしまった。リードしてからも、うまくパスを回して時間を使っていただけに、惜しい引き分けだった。

攻撃の形を作るところまで行くのだが、最後のフィニッシュの段階でズレができていしまうのが、得点力不足の原因だ。3トップのセンターにいる端戸は、シャドーやサイドアタッカーとしては能力が高いが、トップに張ってプレーするタイプではない。実際、最近の試合でもMFに落ちてきてパス回しに加わる時間が多い。このポジションに強力なストライカーを置ければ、かなり得点力は上がるはずなのだが……。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
サッカー フットサルを応援しよう!

サッカー フットサルの放送・配信ページへ