人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

サッカー フットサル コラム 2019年11月3日

【ハイライト動画あり】日本、エースの決勝点でグループDを首位通過。FIFA U-17ワールドカップ

サッカーニュース by J SPORTS 編集部
  • Line

グループリーグ最終節に入り、各グループで続々とベスト16入りが決まり始めたFIFA U-17ワールドカップ。

この日はグループD首位通過を懸け、引き分けでグループ首位が決まるセネガルと、グループ首位通過へ勝利が必要な日本がビトリアで対戦。

1ゴールを巡るスリリングなゲームを制した日本が堂々のグループリーグ首位通過を果たした。

共にグループリーグ突破を決めていることで、第2戦から6人スタメンを入れ替えたセネガルに対し、前節からスタメン5人を入れ替えた日本のキックオフで始まった前半。

高い位置でのプレスと効果的なロングボールを武器に戦うセネガルが、序盤から好機を作りかける展開に。

一方、日本は最終ラインからショートパスを繋ぐ攻撃で好機を伺いながら、やや自重気味に試合を進める。

この後、前半は両チームともに、ケガで選手交代を強いられるアクシデントに見舞われる中、動きの量で勝るセネガルが優勢に進めるも、スコアレスのままハーフタイムへ。

後半も前半と同様の展開となるなか、セネガルは54分に右サイドのクロスから決定機を作るも、これは日本が体を張った守備で失点を食い止めた。

アタッキングサードでなかなか効果的な組み立てができない日本は、65分にFW西川潤を投入し、攻撃の活性化を図る。

すると、この交代策が奏功した日本は、西川を軸に攻撃の形が明確化し始める。更に日本は81分にFW若月大和を投入し、試合終盤に前線をベストの布陣に揃え直す。

すると、この直後の83分に日本にゴールが生まれる。エリア外でMF藤田譲瑠チマのパスを受けた西川が、絶妙なトラップでDFラインを突破すると、ニアポストを抜く技ありのシュートでネットを揺らす。

その後、日本はこの虎の子の1点を守り切り、グループD首位でベスト16進出を決めた。

◆グループD 最終順位
1位 日本 勝ち点7
2位 セネガル 6
3位 オランダ 3
4位 アメリカ 1

【ハイライト】セネガル vs. 日本 FIFA U-17 ワールドカップ ブラジル 2019

J SPORTS編集部

J SPORTS 編集部

 

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
サッカー フットサルを応援しよう!

サッカー フットサルの放送・配信ページへ